日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

うみのバイブル第3巻(米国海軍・シーレーン・海洋地政学入門に関する基礎的な論文)

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


・東アジアで石油需要が拡大する

・環境問題に対応するための基金とするために、アセアン諸国がマラッカ海峡通過税を課金することを決める。

 

最初の二つの場合、船主は通常、マラッカ海峡より水深の深い航路を航行する船をシフトさせて、ロンボク海峡経由で長い航路を航行させるだろう。なぜなら、中東-東アジア航路のスポット傭船による利益は、船舶当りの積載量が多いゆえに、航海日が3-4日延びることによる燃料費の増加を補って余りあるからである。三つめの場合、荷主に請求する運賃が政治的な理由によって高くなることを嫌って、多くの船主はロンボク航路に航路変更するであろう。どちらの場合も、船主は、自分の採算性に影響を与えるマーケットの状況に基づいて意思決定したわけである。

 

4. 教訓と示唆

 

海上輸送業界の反応は、航行時間が長くなるために業務が遅れるだけなのか、市場へのアクセスを閉ざされるのかによって決まる。ホルムズ海峡という例外を除くと、SLOCは全般に前者の範疇に当てはまる。南東アジアのSLOCとスエズ運河を通して貿易と輸送の両面での方法論的な分析を本論でおこなった結論は、次のようになろう。即ち、航路変更による積載量増加の需要に対応する十分な船積み能力があるならば、封鎖による運賃の値上がりは、閉鎖された地域外の経済においては、無視しうる額であり、輸送コストが高騰したからといって貿易に係わる経済活動が中止されることはありえない。このことは、1956-7年と1967-75年のスエズ運河閉鎖においても、実際に検証されている。どちらの場合も、経済面での理由に基づく他国からの侵入圧力はかからなかった。なぜか。答えは簡単である。傭船マーケットは、世界の経済機構に対して、必要な商品を最低限の追加コストで運ぶのに必要な船舶を供給することで対応したからである。

 

にもかかわらず、将来にわたるSLOC防衛の使命に関する現行の議論からは、この歴史的教訓が明らかに欠落している。議論に欠けているのは、経済原則(特に海洋経済)に関する基本的な理解である。矯正手段は、海洋経済を研究することでもなければ、傭船業界における基本認識をもつことでもない。むしろ、海上輸送に混乱が起こったとき、傭船業界が果たす中心的な役割を認識すべきなのである。混乱時、軍事参謀や政策立案者にとって重要なことは、商業海上輸送の専門家に相談し、正しい質問をすることである。正しい質問というのは、どのようにして、より実際的なセキュリティの計画、ポリシー、プログラムを展開していくかということである。

 

注1: National Defense University,"Chokepoints:Maritime Economics Concerns in Southeast Asia",Washington,NDU Press,1996

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
156位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
86,764

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.うみのバイブル第1巻(海洋法・海上事故・海賊に関する基礎的な論文)
2.うみのバイブル第2巻(中国海軍・南シナ海・尖閣、韓国海軍・北東アジアの諸問題に関するに関する基礎的な論文)
3.「公海の自由航行に関する普及啓蒙」の報告書
4.リスボン国際博覧会「EXPO’98」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から