日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

大都市行政制度に関する調査研究報告書

 事業名 地方自治情報啓発研究
 団体名 自治総合センター 注目度注目度5


広島市における環境行政の現状と課題

広島市企画総務局総合計画室長

湯 浅 敏 郎

は じ め に

 

広島市では、平成9年度に環境局を設置した。これは、それまで環境事業局で実施していた廃棄物の収集・運搬・処理、処理施設の建設及び維持管理、廃棄物の不法投棄の監視及び指導、産業廃棄物の適正処理の指導、さらには環境美化活動などの廃棄物に係る業務と、衛生局の環境保全部門で実施していた公害防止のための監視・指導・規制、環境保全思想の普及・啓発、環境影響評価の指導などの環境保全に係る業務を統合し、時代に即応した本市環境行政の執行体制の強化を図ったものである。

本稿では、本市における環境行政の現状と今後の課題等について紹介していきたい。

 

1 これまでの取組み状況について

(1)環境保全対策

本市は、中国山地を背に、緑豊かな山々や丘陵に囲まれ、太田川河ロデル夕を流れる六本の川は豊かな水量をたたえ、「水の都」と言われる独特の都市景観を醸し出している。また、多島美を誇る、波静かな瀬戸内海に面した海に開かれた都市である。

本市は、戦前・戦後を通じて、激甚な公害被害に見舞われることはなかったが、昭和40年代からの著しい人口の増加や産業経済の発展に伴う生活及び工場排水の増加のため、河川や広島湾の汚濁が目立ち始め、近海各地で赤潮が発生するようになった。

また、近年では、都市化の進展や社会生活の多様化などにより、生活排水による水質汚濁や自動車騒音などの「都市・生活型公害」が顕在化しつつあるとともに、トリクロロエチレンなどの新たな物質による環境汚染や身近な自然環境の破壊、さらには酸性雨被害などの新たな課題が生じていそう。

本市においては、このような状況に対応し、より快適な生活環境を確保するため、平成5年に「広島市環境管理計画」を策定したほか、平成7年

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,634位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
6,276

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「コミュニティ研修会(山形県)」配布資料写
2.「コミュニティ研修会(三重県)」配布資料写
3.「コミュニティ研修会(岐阜県)」配布資料写
4.「コミュニティ中央研修会」開催通知・出席者名簿
5.「自治講演会(茨城県)」配布資料
6.自治だより平成9年5月号(119号)
7.自治だより平成9年7月号(120号)
8.自治だより平成9年9月号(121号)
9.自治だより平成9年11月号(122号)
10.自治だより平成10年1月号(123号)
11.自治だより平成10年3月号(124号)
12.コミュニティの地区指定概況
13.REGIONAL DEVELOPMENT ON INFORMATION AND TELECOMMUNICATIONS IN JAPAN
14.フランス地方税便覧
15.ふるさと環境シンポジウム(和歌山県)報告書
16.地方分権推進フォーラム(岩手県)報告書
17.地方分権推進フォーラム(京都府)報告書
18.地理情報システム(GIS)に関する調査研究報告書
19.地方税制度に関する調査研究
20.地方自治アニメーションビデオシリーズ「みんなの地方分権」
21.ふるさと環境シンポジウム(京都)報告書
22.「地方自治情報啓発研究」の報告書
23.地方債統計年報(第19号)概略・目次
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から