日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

REGIONAL DEVELOPMENT ON INFORMATION AND TELECOMMUNICATIONS IN JAPAN

 事業名 地方自治情報啓発研究
 団体名 自治総合センター 注目度注目度5


(4) Construction of information infrastructure

Construction of an information infrastructure is an important issue from the perspective of minimizing differences in information communications, and the system itself should be promoted in order to achieve better quality and quantity of information depending on the infrastructure.

1) Establishment of various information routes

Wire, radio and satellite communications networks should be developed for the information infrastructure that supports the highly information-intensive society.

2) Wide-area development

The infrastructure should be developed for a wide area because the range of people's activities is very broad and the information network can minimize the difficulties of communication over long distances.

From an economical perspective, several municipalities should cooperate in using the server and information system.

Mutual connection of information infrastructures should be developed between media companies and local governments.

3) Information bases in local areas

Information bases such as facilities for transmitting and receiving information make an important contribution to ensuring the smooth supply of information services. They also contribute to the development of new industries.

When building such bases, it is important to obtain the cooperation of industry government and educational institutions, and it is also important to promote networking between the bases and various public facilities to enable citizens to enjoy the benefits.

Efforts should be made to use existing public facilities as information bases by establishing so-called information kiosks in well-used public facilities such as community centres and libraries.

4) Role of public sector

While only a small return can be expected in the case of investment in information infrastructures in remote areas, regional differences may widen if private communications companies make less investment in rural areas.

Local governments should provide enough money to promote communications technology in remote areas.

 

 

 

BACK   CONTENTS   NEXT

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,955位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
1,582

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「コミュニティ研修会(山形県)」配布資料写
2.「コミュニティ研修会(三重県)」配布資料写
3.「コミュニティ研修会(岐阜県)」配布資料写
4.「コミュニティ中央研修会」開催通知・出席者名簿
5.「自治講演会(茨城県)」配布資料
6.自治だより平成9年5月号(119号)
7.自治だより平成9年7月号(120号)
8.自治だより平成9年9月号(121号)
9.自治だより平成9年11月号(122号)
10.自治だより平成10年1月号(123号)
11.自治だより平成10年3月号(124号)
12.コミュニティの地区指定概況
13.フランス地方税便覧
14.ふるさと環境シンポジウム(和歌山県)報告書
15.地方分権推進フォーラム(岩手県)報告書
16.地方分権推進フォーラム(京都府)報告書
17.地理情報システム(GIS)に関する調査研究報告書
18.大都市行政制度に関する調査研究報告書
19.地方税制度に関する調査研究
20.地方自治アニメーションビデオシリーズ「みんなの地方分権」
21.ふるさと環境シンポジウム(京都)報告書
22.「地方自治情報啓発研究」の報告書
23.地方債統計年報(第19号)概略・目次
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から