日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

平成9年度里親研修会テキスト

 事業名 里親制度の普及振興
 団体名 全国里親会 注目度注目度5


5 里親等家庭養育の運営について(昭和62年10月31日 厚生省発児第138号各都道府県知事・指定都市市長あて 厚生事務次官通知)

 

里親制度は、現在、各種の児童福祉施設と並んで要保護児童対策において重要な役割を果たしており、また、民法(明治29年法律第29号)に定める養子制度によっても同様に児童の保護が行われている。その運営については、昭和23年10月4日厚生省発児第50号本職通知「里親等家庭養育の運営に関して」によって行われてきたところであるが、近年における社会情勢の変化、民法等の改正を踏まえ、里親又は養親による要保護児童の養育がより一層適正に行われるよう、新たに別紙のとおり里親等家庭養育運営要綱を定め、昭和63年1月1日から適用することとしたので、その適正かつ円滑な実施に努められたく通知する。

なお、昭和23年10月4日厚生省発児第50号本職通知「里親等家庭養育の運営に関して」は、本通知の施行に伴い廃止する。

 

【別紙】

 

里親家庭養育運営要綱

 

第1章 里親制度

 

第1 里親制度の意義

里親制度の意義は、家庭での養育に欠ける児童に、その全人格を養護、育成するための温かい愛情と正しい理解をもった家庭を与えることにより、児童の健全な育成を図るものであること。

 

第2 里親の定義

里親とは、児童を一時的又は継続的に自己の家庭内に預り養育することを希望する者であって、都道府県知事が適当と認定したものをいうこと。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,008位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
2,540

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月21日

関連する他の成果物

1.機関誌「里親だより」第56号
2.里親月間ポスター
3.「里親制度の普及振興」の報告書
4.高齢者社会における肢体不自由者の人生設計
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から