日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 一般論文・講演集 > 成果物情報

「北海道地区中小造船業等の新規需要開拓に関する調査研究」の報告書

 事業名 北海道地区中小造船業等の新規需要開拓に関する調査研究
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


■事業の内容

(1) ヒアリング調査の実施
  北海道地区における各種港湾土木事業の実施状況、今後の計画及び漁業経営状況、今後の経営方針等についてヒアリング調査を実施した。
  ((株)たくぎん総合研究所に委託して実施)

(2) 解析作業の実施
  港湾土木事業及び資源管理型漁業に係る船舶の需要動向、資源管理型漁業に対応する新船型の開発等に関する調査結果を分析し、今後の経営方針の指針を提言した。
  ((株)たくぎん総合研究所及び楢崎設計(株)に委託して実施)

(3) 報告書の作成
  上記結果に基づき、北海道地区中小造船業等の新規需要開拓に係る指針をとりまとめ、関係機関等に送付した。

(4) 説明会の開催
  上記成果について、札幌、釧路両地区において中小造船事業者等を対象に説明会を開催した。
  開催地区  札幌
  開催日   9年3月11日
  受講者   造船事業斜等
  
  開催地区  釧路
  開催日   9年3月19日
  受講者   造船事業斜等
■事業の成果

漁業資源の保全をめぐる国際規則(200海里体制の本格的定着、母川国主義の国際条約化、公海漁業の規制等)の強化で遠洋漁業が規制されたこと、また、沿岸・沖合域における漁業資源の減少に伴い遠洋・沖合漁業が再編成されたこと等から、北海道地区においてここ数年間の約430隻の漁船が減船された。さらに、円高による輸入水産物の増大や景気の長期低迷等の要因と相まって、現在、当地区の漁業経営は深刻な不振に陥っている。
 一方、当地区の造船所は、造船法に基づく許可事業所7社7事業所を除くと、そのほとんどが漁船の造修に依存している地元密着型の中小造船所で占められているため、その経営は漁船の盛衰に大きく影響される体質である。
 したがって、最近の漁業生産構造の変化に伴う国内外の厳しい漁業醸成の中で、代船建造の発注意欲が減退し、メンテナンス費用の手控えも必至な情勢であることから漁船の造修需要は、構造的に縮小状況が続くものと予想され、現在、漁船の造修依存率の極めて高い当地区中小造船所は深刻な影響を受け始めている。
 こうした状況のなかで当地区中小造船所の建て直しを目的に港湾土木及び水産土木に使用する作業船等に係る新規需要開拓、資源管理型漁業に対応する漁船の開発等を調査し、経営多角化の指針を提示し、その健全なる発展に資することができた。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
9,167位
(35,506成果物中)

成果物アクセス数
284

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年1月28日

関連する他の成果物

1.北海道地区中小造船業等の新規需要開拓に関する調査研究報告書
2.「危険物の危険性評価に関する講習」の報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から