日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

海事法令手続き早わかり 海上運送法(改訂版)

 事業名 海事関係者に対する海事知識の啓発
 団体名 日本海事代理士会 注目度注目度5


 

3) 両罰規定
罰金刑については、従業員等の違反行為について使用者たる法人又は人にもこれを科すことができる(法50)。

第2節 職権の委任

本法に規定する運輸大臣の職権で政令で定めるものは、地方運輸局長が行う。地方運輸局長が委任された運輸大臣の職権を行う場合には、本法の規定中運輸審議会に関する部分は適用されない(法45の2)。
「政令」とは本法施行令のことであるが、その主な内容を別表3のとおりまとめたので参考にされたい。
行政庁が不利益処分をしようとする場合には、行政手続法第13条に規定する区分に従って手続を執らなければならないこととなっているが、地方運輸局長は、その権限に属する一般旅客定期航路事業の免許及び特定旅客定期航路事業、自動車航送貨物定期航路事業又は旅客不定期航路事業の許可について、必要があると認めるときは利害人の出頭を求めて意見を聴取することができ、利害関係人の申請があったときは利害人又は参考人の出頭を求めて意見の聴取をしなければならない(法45の3)。
また、地方運輸局長は、その権限に属する一般旅客定期航路事業、特定旅客定期航路事業、自動車航送貨物定期航路事業又は旅客不定期航路事業の停止の命令をしようとするときは、行政手続法の規定にかかわらず聴聞を行わなければならない(法45の4-?)。さらに、地方運輸局長の権限に属する一般旅客定期航路事業の免許の取消し若しくは特定旅客定期航路事業、自動車航送貨物定期航路事業又は旅客不定期航路事業の許可の取消し又は事業の停止の命令をしようとするときは、当該処分に係る聴聞の主宰者は、利害関係人が当該聴聞に関する手続に参加することを求めたときは、これを許可しなければならない。これらは、事業者に対する重大な処分であるため、慎重に判断を下さなければならないからである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
461位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
24,420

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律の解説
2.Boato&Yacht(無料相談会用パンフレット)
3.海事法令の専門家 海事代理士(無料相談会用パンフレット)
4.「海事関係者に対する海事知識の啓発」の報告書
5.第22回マリーンウィーク・パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から