日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「鹿児島県支部 自然の見方・かかわり方実践研修会」報告書

 事業名 保育事業の振興並びに従事者の資質向上
 団体名 日本保育協会 注目度注目度5


8.研修内容

 

研修科目

研修事項

実施方法・時間

7月9日(火)

1.自然の見方・かかわり方

 

(1)自然の見方・かかわり方

(2)保育の内容「環境」「表現」等と自然

実技

(2時間)

 

2.野外における集団指導法

 

 

 

(1)野外における健康と安全の配慮

(2)野外生活用具の使用法等について直接自然に触れ、自然の魅力を体験する

講義

実技

(4時間)

 

 

〈午前中〉

※博物館視察による「奄美の自然」等の考察

※グラスボートを使用し、自然の見方・かかわり方の考察

〈午後〉

※島育ち館/ワークセンター奄美での黒糖作りの体験実習

※奄美自然観察の森にて動・植物観察及び講義

・アダンの葉、ソテツの実、草木を利用した草木遊び

・講師 奄美自然観察の森 自然観察指導員

作田裕恒氏

3.夜のブログラム

(キャンプフアイヤー等)

※郷土芸能 講義、実演

キャンプファイヤー

星の観察

郷土料理・芸能−島唄等−

 

レクリエーション実習

(2時間半)

 

 

・講師 島唄唄者

坪山 豊氏

※キャンプファイヤー、星の観察等

7月10日(水)

4.野外炊事 土地の季節の素材を使った調理 野外給食実習

−鶏飯づくり− (2時間)

※鶏飯づくり

※がじゃ豆作り体験

5.フィールドワーク

(グループ活動)

 

 

 

 

 

 

?自然観察

?自然と造形

?自然と音楽

?自然理解の遊び

?自然を活用する遊び文化

等のグループに分かれ野外にてガイダンスを受けながら観察、創作活動を行う

小グループによる演習

(2時間)

 

 

 

 

 

※海岸線探索/船漕ぎ体験等

6.フィードバック

 

 

(1)各フィールドワークの講師による報告と質疑応答

(2)体験の感想発表

発表会

(1時間)

 

 

 

 

 

前ページ   目次へ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
6,030位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
600

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.保育所保育・保健研修セミナー(東京開催)テキスト
2.保育所保育・保健研修セミナー(大阪開催)テキスト
3.平成8年度保育所保育・保健研修セミナーアンケート結果
4.「保育所保育・保健研修セミナー」写真
5.「青森県支部 自然の見方・かかわり方実践研修会」報告書
6.「埼玉県支部 自然の見方・かかわり方実践研修会」報告書
7.「三重県支部 自然の見方・かかわり方実践研修会」報告書
8.「京都府支部 自然の見方・かかわり方実践研修会」報告書
9.「広島市支部 自然の見方・かかわり方実践研修会」報告書
10.「山口県支部 自然の見方・かかわり方実践研修会」報告書
11.「大分県支部 自然の見方・かかわり方実践研修会」報告書
12.「沖縄県支部 自然の見方・かかわり方実践研修会」報告書
13.「自然の見方・かかわり方実践研修会」講義風景写真
14.「栃木県支部 自然の見方・かかわり方実践研修会」報告書
15.「子育てサークル育成事業」報告書
16.子育て講座「子どもの病気について」テキスト
17.「子育て講座”子どもを伸ばすお母さんの言葉かけ”」講義風景写真
18.「保育所外国人保育実践セミナー(中央分)」テキスト
19.「保育所外国人保育実践セミナー(大阪支部)」報告書
20.「保育所外国人保育実践セミナー(大阪支部)」パネルディスカッション風景写真
21.「滋賀県支部 子どもの感性を育てる表現研修会」報告書
22.「大阪支部 子どもの感性を育てる表現研修会」報告書
23.「宮崎県支部 子どもの感性を育てる表現研修会」報告書
24.「沖縄県支部 子どもの感性を育てる表現研修会」報告書
25.「子どもの感性を育てる表現研修会」アンケート結果
26.「子どもの感性を育てる表現研修会」講義風景写真
27.「保育事業の振興並びに従事者の資質向上」の報告書
28.外国語母子健康手帳 タイ語
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から