日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

新日本フィル <第九>特別演奏会1996

 事業名 青少年への交響楽普及
 団体名 日本交響楽振興財団  


 

第9交響曲

―禁じ手なしの芸術―
渡辺和

 

〈第9〉の生まれた時代
ボン宮廷歌手ファン・べートーヴェンの息子であるルートヴィヒ(1770−1827)は、父が期待したようなモーツァルトばりの天才ではなかった。
両者の資質の違いは音楽性だけではない。究極至高の職人アマデウスに対し、ルードヴィヒは激動の時代に生きる多感な芸術家となったのである。啓蒙専制君主の下、新設されたボン大学で聴講する若者は、勃発したフランス市民革命シンパの自由主義者が説くギリシャ古典文学のロマン的解釈に心酔し、シラーの疾風怒濤を魂の糧に成長することになる。
モーツァルトが没した翌年、ボン選帝候の援助で、べートーヴェンはウィーンに赴く。作曲技術を磨きつつ、自作演奏や家庭教師などでプロとして生計を立てるうちに、ほどなくナポレオン軍に解放されたボンからの仕送りは途絶え、結果として自立した音楽家として生きることを余儀なくされた。
18世紀から19世紀への変わり目に近い頃、耳の病気からの絶望感を克服したこの芸術家は、音楽の絶対美とパトスのほとばしりを融合させた〈英雄〉や〈運命〉などの傑作を輩出する。
やがて、ナポレオン革命の昂場感は去る。革命は失敗し、いまや神聖ローマ帝国皇帝ではなく、オーストリア帝国の皇帝へと矮小化されたハプスブルク家が、宰相メッテルニヒに率いられて戻ってくる。アパシー(無気力)の時代が到来した。社会変革と人間中心主義への道は、あっさり閉ざされた。とはいえ貴族には、実質的な力はもうない。経済的実権を握ったのは、身相応ら成功に汲々とする平民である。
芸術家の新たな筆頭顧客となった彼らが好んだのは、気楽なイタリア歌劇か、ビーダーマイヤーの家庭で楽しむ気持ちの良い小品だった。熱血漢べートーヴェンが世紀初頭に夢見た改革とは、こんな小市民層の誕生ではなかったはずだ。
1810年頃を過ぎると、イタリア歌劇に沸くウィーンでは、この大家は面倒な音楽を書く、時代遅れの偉い人。そんな状況で、作曲家の創作力も勢いを失う。もちろん、傑作、佳作、問題作はあるものの、今日では敢えて誰も近付かない駄作や愚作も一緒に輩出される、一種の模索状態が続いたのである。

 

革命家が生んだ破格の交響曲
1822年暮れに、べートーヴェンはロンドン楽友協会から交響曲を依頼される。その頃、老大家は〈荘厳ミサ曲〉の完成に四苦八苦していた。ミサという音楽形式が必然的に抱えるカトリック教の世界観に限界を感じていた孤高の老芸術家の脳裏に、何度となく蘇るのは、汎宗教的メッセージの媒体として若い頃から心惹かれていたシラーの詩「歓喜に寄す」であった。
日本文化に完全に定着した唯一の西洋音ブロイデシェーネル楽である、歳木の「風呂出、さあ寝る」の大合唱は、現在の我々に何の違和感も与え

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,260位
(35,377成果物中)

成果物アクセス数
2,334

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月10日

関連する他の成果物

1.平成8年度 石川県児童・生徒オーケストラ鑑賞教室「オーケストラ・アンサンブル金沢」演奏会
2.東京フィルハーモニー交響楽団 高梁公演
3.東京フィルハーモニー交響楽団 柳井公演
4.札幌交響楽団 白老公演
5.札幌交響楽団 湧別公演
6.第21回 札幌交響楽団 網走公演
7.新日本フィル 白根公演
8.新日本フィル 直純と歌おう!1996クリスマス公演
9.「青少年への交響楽普及」の報告書
10.ヨーロッパ公演プログラム
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から