日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

観光に関する学術研究論文?入選論文集?

 事業名 アジア太平洋地域の国際観光交流促進
 団体名 アジア太平洋観光交流センター(APTEC) 注目度注目度5


 

奨励賞

町並み保存地区における観光のあり方に関する研究−ベトナム・ホイアンにおける提言−

 

垣内典之

 

要約
世界中に手つかずとなって放置されている町並み・遺跡などが多数存在しているが、それらに価値を見いだし、保存していこうとする動きは近年大きくなってきている。ベトナム・ホイアンもそのような町並みのひとつである。国際的支援を得て、現在保存活動が進行中であるが、そのような折りにホイアンは観光客の急激な増加を迎えており、早急な観光計画が必要とされている。
本研究はそのような背景を踏まえ、ホイアンでの観光化の現状から、将来の観光地ホイアンはどうあるべきか提言することを目的とした。
ホイアンの観光資源としてa)町家、b)会館、c)市場・屋台、d)自然景観の4つをとりあげ、それぞれについてどのような魅力を持っているかを分析し、それぞれを観光に活かすための方法を検討した。
ホイアンの観光化には大きく4つの要素が見られた。1)設備導入による住様式の近代化、2)それに伴う建造物の改変、3)新交通体系による観光形態の変化、4)観光関連業種の増加である。これらはホイアンの将来的な観光地としての存続に大きく関わる要因であると思われた。
最終的には観光地ホイアンのあるべき姿としてa)通過型観光から滞在型観光への移行、b)保存に向けた財源の確保、c)社会基盤の早急な整備、d)地区交通体系の再整備、の4つをあげ、ホイアンの将来的な観光による地域振興と町並み保存活動の継続へ向けた提言とした。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
227位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
50,438

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.世界観光統計資料集 1997年版
2.アジア太平洋地域の国際観光交流促進シンポジウム報告書
3.海外からの観光客誘致に関するアンケート調査報告書
4.APTEC都市観光シンポジウム報告書
5.シルクロード地域各国観光情報収集調査 中国(河西回廊)編
6.奈良・シルクロード・トラベル・フォーラム報告書
7.1995年 国際観光概論
8.「アジア太平洋地域の国際観光交流促進」の報告書
9.マルチメディア社会に対応した観光情報基礎調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から