日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

観光に関する学術研究論文?入選論文集?

 事業名 アジア太平洋地域の国際観光交流促進
 団体名 アジア太平洋観光交流センター(APTEC) 注目度注目度5


 

奨励賞

複合型サステーナブル・ツーリズムの形成に伴う観光振興

 

朝水宗彦

 

要約
地球サミット以降、観光産業において、持続可能型の観光、つまりサステーナブル・ツーリズムが注目を浴びている。サステーナブル・ツーリズムとは、長期間持続して経済的な利潤を得ることができるタイプの観光形態である。中でも自然に害を及ぼすインパクトが少ないエコツーリズムが代表的である。サステーナブル・ツーリズムに力を入れている国にはコスタリカやカナダなどが挙げられるが、本稿ではオーストラリアの観光形態の変遷を例に、この国におけるサステーナブル・ツーリズムの成り立ちとその重要性について述べる。
オーストラリアにおけるサステーナブル・ツーリズムの解釈は多義的である。この国の場合、サステーナブル・ツーリズムは必ずしもエコツーリズムを意味しない。それどころかエコツーリズムでさえも上記のように自然に害の少ない観光のみを指しているのではない。時には地元コミュニティの活性化やエスニック・ツーリズムの要素さえ含まれているのである。さらに、シドニー・オリンピックめようなイベントにも複合的なサステーナブル・ツーリズムのコンセプトが生かされている。
ただし、オーストラリアの観光形態は時代によって大きく変化してきた。1990年代になると、コンサベーション型の観光開発が主流になりつつあるが、1970・80年代には外資系企業や企業家移民の参入による大規模なリゾート開発が行われていた。ここで、観光形態を変化させる際に一つのジレンマが生じる。オーストラリアでは環境問題に配慮しているとはいえ、観光を国の基幹産業として成り立たせるためにはそれ相応の営利を追求しなければならない。このジレンマの解決のため、環境の保全と長期的な経済成長を一石二鳥で得られるサステーナブル・ツーリズムが注目されるようになった。
サステーナブル・ツーリズムの複合化プロセスでは原住民のアボリジニが重要な役割を果たした。例えば、アボリジニの素朴な料理であるブッシュ・タッカー(bush tucker)を食べに行くツアーに参加する場合、料理の食材集めから、調理、食事までの全てのプロセスを体験する。つまり、料理を通じてアボリジニの文化を学ぶだけでなく、彼らが生活している自然環境も総合的に学べるのである。このようなアボリジニ観光はオーストラリアのサステーナブル・ツーリズムの原型であると考えられる。
旧来の観光は観光業者と消費者のみを視野に入れたものであったと思われる。しかし、観光業者と自然保護団体のように異なる種類の団体の協力によってエコツーリズムのような新たな観光形態が広まった。オーストラリアにおける協力体制はさらに進化し、地域社会の活性化を含めたより総合的な観光形態に発展していった。つまり、オーストラリアで見られるような多くの人々に利益をもたらす複合的な観光形態は、政府と民間、そして様々な団体の協力体制があって初めて形成されたと言えるのである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
227位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
50,438

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.世界観光統計資料集 1997年版
2.アジア太平洋地域の国際観光交流促進シンポジウム報告書
3.海外からの観光客誘致に関するアンケート調査報告書
4.APTEC都市観光シンポジウム報告書
5.シルクロード地域各国観光情報収集調査 中国(河西回廊)編
6.奈良・シルクロード・トラベル・フォーラム報告書
7.1995年 国際観光概論
8.「アジア太平洋地域の国際観光交流促進」の報告書
9.マルチメディア社会に対応した観光情報基礎調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から