日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

季刊しっぴんぐ?1996初夏

 事業名 日本海運振興のための広報
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


マリントピックス

 

「船の科学館」に新パビリオン誕生

青函連絡船「羊蹄丸?」

021-1.gif

旧国鉄の青函連絡船「羊蹄丸?」がフローティング・パビリオンとして生まれ変わり、3月23日から東京都品川区の「船の科学館」で一般公開されている。
「羊蹄丸?」は、昭和39年から41年にかけて新造された「津軽丸?」型6隻(のちに1隻追加)の1隻で、全長132メートル、8,311総トン。車両48両と旅客1,200人を乗せ、それまでより40分短い3時間50分で青森、函館両港を結んだ。
安全第一の立場から船体構造や救命・消防設備に格別の対策がとられ、エンジンはディーゼルながら静かな乗り心地で、広範囲に自動化、リモコン化が取り入れられた。
また、現役引退後の平成4年、イタリアのジェノバで開
催された「国際船と海の博覧会」に日本政府出展のフローティング・パビリオンとして派遣されたこともある。
生まれ変わった「羊蹄?」の見ものは、昭和30年代の青森駅前の“朝市”や“駅待合室”“出航する青函連絡船”などの心象風景を構成した「青函ワールド」、ジェノバで人気を呼んだホロビジョン映像「マジカルビション・シアター」、人と海と船の関わりをファンタジックに構成した「シー&シップ・ワールド」、往時を再現した「ブリッジ」と「エンジンルーム」など。
問い合わせ先…(電話)03−5500−1111 船の科学館・業務課・営業課

021-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,756位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
1,295

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.季刊しっぴんぐ?1997新春
2.季刊しっぴんぐ?1996夏
3.季刊しっぴんぐ?1996秋?「海の日」制定記念号
4.「日本海運振興のための広報」の報告書
5.Be Friend the Sea
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から