日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

魅力ある農林業の担い手づくり

 事業名 地方自治行政等の調査研究
 団体名 自治研修協会 注目度注目度5


 

成されていることにみられるように、現在の農業情勢からみると、政策目標として掲げる妥当性に疑義があるものもある。また、国際化を含めた農政に対する新たな要請の多くは、農業基本法制定時には存在しなかったか、あるいは意識しないですんだ問題である。こうした中で、国の農政全般にわたる政策の指針である農業基本法は、政策目標と現実とのかい離と、内外における新たな政策課題への対応の必要性という両面から、その位置付けが問われているのである。
それは、現在、高度経済成長を前提に構築された我が国の経済社会システム全体について、国際化が進展し、安定成熟化する社会に対応し得るものへ変革することが求められていることと軌を一にするものであるともいえよう。農業・農村が直面する問題の重要さや農政に寄せられる期待の大きさを踏まえると、まさに今、新たな時代に対応し得る新たな基本法の制定に向けた検討が必要となっているのではないだろうか。
<中略>
3. 新たな基本法の制定に向けた検討に当たって考慮すべき視点
現在、国民の価値観が多様化する中で、農政への期待も様々であり、しばしば意見の対立もみられるところである。今後の農政の方向付けは、国民合意の下に、我が国経済社会の中での食料・農業・農村の役割や位置付けを明確にした上で行わなければならない。
このため、食料、農業.農村についての国民的な合意に向けた議論の一助となるよう、本研究会の議論の過程において、新たな基本法の制定に向けた検討に当たって考慮すべき重要ないくつかの視点と、その視点に係る論点についても整理することとした。この論点は、本研究会が関係団体等から聴取した意見も踏まえており、意見の対立点や今後の検討課題が明らかになるように整理したものである。
今後、新たな基本法の制定に向けた検討を行うに当たっては、このような諸点について、まず現状を正確に認識し、それに基づき国民的な議論を積極的に行い、合意形成を進めることが必要である。
<中略>
(4)新しい農業構造の実現
食料の安定供給を確保する上で国内農業をどのように位置付けるにせよ、農業生産にコストを際限なくかけるということでは国民の支持は得られない。このため、制約された国土条件の下でも、可能な限り生産性の高い農業生産を実現し、生産コストの低減を図っていく必要があり、また、農業を魅力とやりがいのあるものとするという観点からも、農業構造を改善していくことは引き続き重要な課題である。
現在、これまで農業生産の維持・拡大を中心的に担ってきた昭和一けた世代が、農業からリタイアする時期にさしかかろうとしている。このことは、今後農業構造の改善を進める大きな契機となるものと考えられる。
<中略>
イ. 農業の担い手の確保について
農業における過剰就業問題を解消させた高度経済成長は、反面、若年層を中心として農業就業人口を減少させ、農業労働力の脆弱化をもたらした。今後、農業従事者の減少と高齢化が更に進行すると見込まれる状況におい

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,566位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
1,864

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.地方公共団体における職場研修の推進方策に関する調査研究?分権の時代の職場研修マニュアル?
2.高齢社会における福祉施策の展開
3.自然環境にやさしい地域振興
4.大規模災害を想定した危機管理体制の整備
5.行政とボランティアとの連携
6.少子化社会における子育て支援
7.「地方自治行政等の調査研究」の報告書
8.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から