日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

魅力ある農林業の担い手づくり

 事業名 地方自治行政等の調査研究
 団体名 自治研修協会 注目度注目度5


 

社」の概ね4つに分けられている。
第1の「土地利用調整型公社」は、農地保有合理化事業のみを主たる事業とするものである。地域分布としては自作放棄傾向が必ずしも強くなく、農地流動化傾向も中国地方の中山間地ほど激烈でなく、そして農地潰廃傾向もさほど発生していない東日本の平坦部、特に北関東の都市近郊地帯に集中している。
第2の「担い手型公社」は、土地利用型農業の生産過程への関与、つまり経営受託や作業受託といった受託事業を主たる事業とするもので、その形態は様々であるが、生産活動に直接タッチすることを目的として設立されたタイプの公社である。法人格は大多数が民法上の公益法人であるが、一部、有限会社等の商法法人も存在している。地域的には、日本農業の地帯区分の両極つまり都市的地帯ないし中山間地帯に位置し、特に西日本の中国地方の中山間地帯に集中している。
第3の「地域振興型公社」は、特産的農林産物の開発・研究・加工・販売あるいは広く地域農業・地域社会振興等を業務としているタイプのものである。法人格は民法法人から商法上の有限会社、場合によっては株式会社まで多様である。おそらく山村振興法上の第三セクターのケースが、この「地域振興型公社」の中には多く含まれていると考えられ、全国に広く分散している。
第4の「畜産型公社」は広域農地開発、草地開発を契機とした、いわゆる公共育成牧場の管理・運営を主な事業としているもので、かなり以前から農地法3条の例外規定によって民法法人として存在している。

市町村農業公社の分類

012-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,566位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
1,864

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.地方公共団体における職場研修の推進方策に関する調査研究?分権の時代の職場研修マニュアル?
2.高齢社会における福祉施策の展開
3.自然環境にやさしい地域振興
4.大規模災害を想定した危機管理体制の整備
5.行政とボランティアとの連携
6.少子化社会における子育て支援
7.「地方自治行政等の調査研究」の報告書
8.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から