日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

魅力ある農林業の担い手づくり

 事業名 地方自治行政等の調査研究
 団体名 自治研修協会 注目度注目度5


 

(4.)積極的動機が多いUターン青年等の就農理由
農林水産省「Uターン青年及び新規参入者の実態と意識に関する調査」(平成7年3月。以下、「Uターン・新規参入調査」という。)により、就農時34歳以下で、就農後5年以内のUターン青年に就農の理由を聞いたところ、「自発的な理由」が「家の事情による理由」を上回るという結果が得られた。具体的にみると、Uターン就農の理由の上位三つは、農業は「やり方次第でもうかる」(44%)、「時間が自由」(39%)、「自ら経営の采配が振るえる」(35%)と自発的な理由として分類されるものとなっている(図V−10)。次いで、親のリタイア等に伴い、「家・家業」を存続させるための「家の事情」(26%)、「財産としての農地を守る」(23%)が続いている。一般的には、Uターン就農の直接的な契機は、親が農業からリタイアする場合であることが多いと思われるものの、調査結果に現れたような前向きの就農意向が、Uターン就農を増加させる要因となっていると考えられる。また、このような意向は、近年強まる傾向にあり、農林水産省「新規青年就農者等緊急調査」(6年11月)によると、2〜4年にUタ

図V−10Uターン青年及び新規参入者の就農理由(複数回答)

008-1.gif

資料:農林水産省「Uターン青年及び新規参入者の実態と意識に関する調査」(7年3月)
注:Uターン青年と新規参入者に対し選択肢の異なる調査票で、調査したため、就農理由のうち、並記できない項目がある。
ーン就農した者のうち自発的な理由によって就農した者の割合は、元年以前にUターン就農した者における割合より高くなっている。例えば、「時間が自由」を就農理由としてあげた者の割合は6ポイント上昇している。これに対し、「家の事情」を理由とする割合は、8ポイント低下している。
一方、非農家出身の新規参入者は、農家出身であるUターン青年とは異なり、これまで経験したことのない未知の世界に飛び込むという事情にあるため、Uターン青年に比べ就農目的が明確である場合が多いとされている。上記の「Uターン・新規参入調査」から、その就農理由をみると、第1位の「自ら経営の采配を振るえる」(23%)は、Uターン青年

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,564位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
1,938

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.地方公共団体における職場研修の推進方策に関する調査研究?分権の時代の職場研修マニュアル?
2.高齢社会における福祉施策の展開
3.自然環境にやさしい地域振興
4.大規模災害を想定した危機管理体制の整備
5.行政とボランティアとの連携
6.少子化社会における子育て支援
7.「地方自治行政等の調査研究」の報告書
8.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から