日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

魅力ある農林業の担い手づくり

 事業名 地方自治行政等の調査研究
 団体名 自治研修協会 注目度注目度5


 

以上のような農業経営者やそのあとつぎという形のほかにも、農業生産法人、市町村農業公社等の増加に伴い、雇用者という形で農業に参入してくる者も近年増加しつつある。なお、雇用者のなかには、働きながら技術を習得し、その後独立して農業経営を行う者もおり、間接的とはいえ就農経路の一つという性格をもっている。また、就農予備軍ともいえる道府県農業大学校(全国に41校)の入校者も2年以降増加しているが、近年の特徴としては、女子や非農家出身者の割合が高まる傾向にあり、6年度には入校者の5人に1人は非農家出身者であった。
このような、ここ数年の若い担い手の増加傾向は、景気低迷に伴う非農業における雇用情勢の悪化によるものばかりでなく、農業を職業の一つとして見直す気運の高まり、若い担い手の就農促進に向けた様々な支援策の実施等が影響しているものとみられる。

 

表V−2最近8年間の若い担い手の動向

007-1.gif

資料:良林水産省「農業センサス」、「農業構造動態調査」、農林水産省調べ、全国農業会議所調べ
注11)新規学卒就農者とは、農家子弟の新規学卒就業者(中学、高校、短大、大学等の卒業者)のうち主に自営農業に従事した者であり、数値については、2年以前は総農家、3年以降は販売農家のものである。
2)勤務等のかたわら農業にも従事は、「通勤」、「自営兼業」、「家事・その他」のかたわら農業にも従事した者の合計であるが、6年の*印の数値には、「家事・その他」の者は含まれていない。
3)Uターン青年とは、他産業からの離職就農者のうち離職後の就業状態が農業が主の者で、かつ39歳以下の者である。
4)就農相談者は、全国新規就農ガイドセンター(全国農業会議所)と都道府県農地利用相談センター(都道府県良業会議)への相談者数である。
5)道府県農業大学校は、農業改良助長法で定められている農業者研修教育施設である。
6)新規学卒者とUターン青年は暦年値、新規就農ガイドセンター等への就農相談者・就農者と農業大学校への入校者は年度値である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,566位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
1,864

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.地方公共団体における職場研修の推進方策に関する調査研究?分権の時代の職場研修マニュアル?
2.高齢社会における福祉施策の展開
3.自然環境にやさしい地域振興
4.大規模災害を想定した危機管理体制の整備
5.行政とボランティアとの連携
6.少子化社会における子育て支援
7.「地方自治行政等の調査研究」の報告書
8.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から