日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

魅力ある農林業の担い手づくり

 事業名 地方自治行政等の調査研究
 団体名 自治研修協会 注目度注目度5


 

はしがき

地方分権及び行政改革が国・地方を通じた最大の課題となっている今日、住民に身近な行政課題は、地方公共団体が住民の意思に基づき、地域の実情に即して自主的・自立的に解決していかなければならなくなっている。
このため各地域で日々生起する様々な問題、住民の多様な二ーズ、さらには、長期的に対処すべき諸問題に対し、行政はどのように対応するのか、その新しい取組みが探求されるとともに、他の地方公共団体での動き、状況などの情報交換もその重要性を急速に増してきている。
したがって、職員研修用の演習事例も、現代の複雑な社会の中で生起する新しい地域課題や行政課題について、これを具体的な事例の中から捉え、これに対する行政の取組み方の研究、さらに相互の情報交換を行うことが極めて大切になってきている。
このような観点から、平成8年度は、「少子化社会における子育て支援」、「行政とボランティアとの連携」、「魅力ある農林業の担い手づくり」、「大規模災害を想定した危機管理体制の整備」の4課題を選定し、演習用事例としてまとめるとともに、既に開発済みの「自然環境にやさしい地域振興」、「高齢社会における福祉施策の展開」の2事例について更新を行った。
掲載されている事例は、いずれも、演習参加者の創造的な問題発見能力、問題への効果的な対応能力、さらには幅広い見地からの政策立案能力などの養成に役立つことを旨としつつ作成されたものである。また、事例団体における政策形成プロセスを検証するための教材のほか、各自治体の政策提言等の参考事例としても活用できるものである。演習討議の中でディベート、課題解決討議等を採用できるよう検討項目を付け加えているので、これらの討議を行う際の論題及び教材としても活用できるものである。
この教材が、今後地方公共団体の職員研修において広く利用されれば幸いである。
最後に、この調査研究を実施するにあたって、御多忙のところ快く御協力いただいた各位、また、種々御協力をいただいた関係者各位に対し、心からお礼申し上げる次第である。
なお、本調査研究は、日本財団からの研究事業補助金を受けて実施したものであり、ここに深く感謝の意を表する次第である。
平成9年3月
財団法人 自治研修協会
理事長 松島五郎

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,564位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
1,938

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.地方公共団体における職場研修の推進方策に関する調査研究?分権の時代の職場研修マニュアル?
2.高齢社会における福祉施策の展開
3.自然環境にやさしい地域振興
4.大規模災害を想定した危機管理体制の整備
5.行政とボランティアとの連携
6.少子化社会における子育て支援
7.「地方自治行政等の調査研究」の報告書
8.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から