日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地方公共団体における職場研修の推進方策に関する調査研究?分権の時代の職場研修マニュアル?

 事業名 地方自治行政等の調査研究
 団体名 自治研修協会 注目度注目度5


 

?B 職場研修指導者向けハンドブックの配布
?C 指導日誌、教育日誌

 

4)職場研修の責任者の役割
?@ 職場研修指導者の指導ぶりを観察し、指導、助言する
?A 職場研修指導者を集めて体験報告、問題点解決策の検討をさせる
?B 指導を受けている職員の仕事ぶりを観察し、教育必要点を指導者に指摘する
?C 指導日誌を見て、指導方法の適否を検討し、指導者に助言する

 

(3)職場研修マニュアル等の作成・活用
さらに、職場や職員のタイプ別に職場研修のあり方を示すこと等を内容とした職場研修マニュアル、ガイドブック等を作成し、職場の管理監督者に指導方針として提供し、その活用の促進を図ることも重要である。そして、こうしたマニュアル等においては、職場研修の意義や方法などの技術的な側面のほか、職場研修の包括的な責任者は管理監督者であること、管理監督という概念には部下の指導・育成という教育的要素が含まれていること等を明記すべきである。

 

(4)職場研修推進運動の展開
職場研修の推進を図るには、管理監督者への啓蒙等を図るだけでなく、全庁的に職場研修の強化・推進月間等を定めて、その充実に取り組んでいくことも重要である。むろん、職場研修は、日頃の職務の中で常時行われるべきものであって、一定期間だけ行われるという性格のものではない。しかし、職場研修を強力に推進するには、職場研修指導者のほかに職場研修推進員を置き、一定の期間を定めて、その期間中は特に組織として全力をあげるなど積極的な取り組みを図っていくことがこれを全庁的に浸透させる上で効果的と考えられる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
260位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
44,930

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.魅力ある農林業の担い手づくり
2.高齢社会における福祉施策の展開
3.自然環境にやさしい地域振興
4.大規模災害を想定した危機管理体制の整備
5.行政とボランティアとの連携
6.少子化社会における子育て支援
7.「地方自治行政等の調査研究」の報告書
8.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から