日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地方公共団体における職場研修の推進方策に関する調査研究?分権の時代の職場研修マニュアル?

 事業名 地方自治行政等の調査研究
 団体名 自治研修協会 注目度注目度5


 

(2)管理職者の適切な取り組み

 

人が育つためには、日常の仕事を通しての指導教育が大切であるが、その中心となるのは職場の管理職者である。個々の職員について能力開発のニーズを最も的確に把握し、それぞれの能力や性格に応じて指導することができるのは、当該職員の上司たる管理職者だからである。また、職員に適切に仕事を割り振ったり、公正な人事管理を行うことによって意欲的に仕事をさせるようにすることができるのも、当該職員の上司たる管理職者だからである。このようなことから、職員の人材育成において実際の鍵を握るのは職場の管理職者であるということができ、職場研修を推進するに当たっては、人材育成のキーパーソンである管理職者の適切な取り組みが不可欠である。

 

1)意義

 

本当の「学習」は、一種の条件反射のような形で、学習者が研修を受けていると感じていない時に実は起こっているものであり、これは「意識されない学習」と呼ばれるが、集団規範は「無言の偉大なる教師」であり、「意識されない学習」の重要な要因であるとされる。集団規範は組織の構成員全員が関与して創っているものであるが、トップ層4割、中間層3割、一般層3割位の割合で醸成に関与しており、階層が上になるほど、日常の行動が規範醸成に影響を与えているといわれている。したがって、組織風土や職場の規範を創りだすのは管理職者であり、管理監督者は自分の部下の育成について直接指導することだけでなく、間接的にも大きな責任を有するものである。
また、職場研修は仕事そのものであり、職場で起こるいろいろなことが、まさに生きた教材である。「忙しすぎて職場研修などできない」という管理職者は、「私は仕事をしていない」と言っているのと同じであるといえよう。職員に対する教育・研修能力は、管理職者に求められる能力の中でも極めて重要なものと捉えていかなければならないのである。
さらに、職場研修は上司にとっても能力開発の場であり、管理のスキルを磨く絶好の機会であって、「部下とともに育つ教室」である。

 

2)着眼点

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
260位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
44,930

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.魅力ある農林業の担い手づくり
2.高齢社会における福祉施策の展開
3.自然環境にやさしい地域振興
4.大規模災害を想定した危機管理体制の整備
5.行政とボランティアとの連携
6.少子化社会における子育て支援
7.「地方自治行政等の調査研究」の報告書
8.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から