日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地方公共団体における職場研修の推進方策に関する調査研究?分権の時代の職場研修マニュアル?

 事業名 地方自治行政等の調査研究
 団体名 自治研修協会 注目度注目度5


 

職場研修の進行管理について尋ねた問7−5の回答では、進行管理を実施している団体は少なく、あまり重視されていないものとみられる。また、職場研修の進行管理の手法について尋ねた問7−6の回答では、進行管理を実施しているところが少ない中でも、職場研修指導者が途中経過の記録を作成するケースが最も多い。

 

?D 職場研修のフォローアップ

 

職場研修の効果測定、評価について尋ねた問8−1の回答では、職場研修の効果測定、評価をしている団体はたいへん少なく、職場研修の効果測定、評価については取り組みが進んでいないものとみられる。また、効果測定、評価を行っている団体にその所管について尋ねた問8−2の回答では、各所属に任せている団体が多く、効果測定、評価についての人事担当課の関与の度合いを尋ねた問8−3の回答でも人事担当課の関与の度合いが低いことから、全庁挙げての取り組みとなっていないものとみられる。
職場研修の効果測定、評価を行っている団体が採用している測定、評価の方法について尋ねた問8−4の回答では、職場研修を指導した職員または受けた職員にレポートを提出させる方法による例が多いことが示されている。他方、効果測定、評価の結果の活用について尋ねた問8−5の回答では、特に活用していない団体が多いことから、結局、職場研修のフォローアップにはあまり積極的に取り組まれていないものとみられる。

 

(2)職場研修実施上の問題点と今後の課題

 

職場研修実施上の問題点に関する問9−1の回答からは、地方公共団体においては職場研修の組織的な仕組みが整っていないこと、時間がとれないことや管理監督者の意識の低さなどが大きな問題点と認識されているものとみられる。
また、今後の課題に関する問9−2の回答をみると、職場研修マニュアルやガイドブックの作成、管理監督者の啓発、職場研修指導者の養成などが課題として意識されていることが窺える。
地方公共団体のこのような認識と(1)でみた地方公共団体における職場研修の実態とを総合すると、本調査研究において検討すべき課題として次の点を指摘することができる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
260位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
44,930

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.魅力ある農林業の担い手づくり
2.高齢社会における福祉施策の展開
3.自然環境にやさしい地域振興
4.大規模災害を想定した危機管理体制の整備
5.行政とボランティアとの連携
6.少子化社会における子育て支援
7.「地方自治行政等の調査研究」の報告書
8.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から