日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地方公共団体における職場研修の推進方策に関する調査研究?分権の時代の職場研修マニュアル?

 事業名 地方自治行政等の調査研究
 団体名 自治研修協会 注目度注目度5


 

ある職員の人材育成、能力開発に取り組んでいくことが必要である。

 

(2)調査研究の趣旨・目的

 

地方分権の進展に伴い、事務や権限が都道府県や市町村に委譲されていくという状況の下で、地方公共団体が自らの創意に基づき様々な課題に的確に対応していくためには、地方公共団体の政策形成能力の向上等を図る必要があり、このためには、(1)で述べたように職員の資質の向上を図ることが極めて重要である。
そして、住民ニーズの変化に即応した政策形成能力や新たな時代の流れに対応できる創造的能力を有する意欲ある人材を育成するためには、明確な研修目標のもと、職場研修及び職場外研修を効果的かつ計画的に行っていくことを含め、人材育成に関する基本方針を策定し、自己啓発の支援や人を育てる職場環境づくりなどの総合的な取り組みを展開していく必要がある。地方公共団体においては、このように職員に対する研修の充実や自己啓発の促進等によって、実務能力や政策形成能力をはじめとする職員の能力の開発や職員の意識改革、意欲の向上等に努めてきているところである。
しかしながら、特に市町村においては、職員の人手が不足していること、研修施設が十分でないこと、予算が少ないこと等、時間的、財政的制約等から職場外研修については必ずしも十分な実施ができにくい状況にある。他方、今後、地方分権を推進していくためには、基礎的な地方公共団体である市町村職員の能力開発は重要な課題である。
このような中にあって、職場研修は、日常的に職場内において職務を通じて行われる研修であり、特別な経費を必要とせず全ての職員が受けることができ、さらに、職員個人の特性に応じたきめ細かい指導も可能であることから、特に市町村職員の人材育成面で重要な役割を果たすことが期待される。したがって、今後、職場研修を人材育成の中核の一つに位置づけ、より実効ある職場研修を実践し、的確な事務処理能力と課題の発見・解決能力等を備えた有能な職員を育てていくことが重要である。
こうしたことから、本調査研究は、今後、地方公共団体が職場研修を導入し、実施していくに当たって指針となる職場研修のマニュアルの作成等を検討するに際し、その参考を提供することができるよう、所要の調査研究を行うものである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
260位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
44,930

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.魅力ある農林業の担い手づくり
2.高齢社会における福祉施策の展開
3.自然環境にやさしい地域振興
4.大規模災害を想定した危機管理体制の整備
5.行政とボランティアとの連携
6.少子化社会における子育て支援
7.「地方自治行政等の調査研究」の報告書
8.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から