日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

地方公共団体における職場研修の推進方策に関する調査研究?分権の時代の職場研修マニュアル?

 事業名 地方自治行政等の調査研究
 団体名 自治研修協会 注目度注目度5


 

序章 調査研究の概要

 

1 調査研究の趣旨・目的

 

(1)現状(展望)
本格的な高齢社会の到来を間近に控えるとともに、情報化、国際化の進展、生活の質や環境への関心の高まりなど社会経済情勢は大きく変化している。こうした中で、高度化・多様化する住民ニーズに即応しつつ、豊かさとゆとりを実感できる魅力ある地域社会を築き上げていく上で、地域の総合的な行政主体である地方公共団体の果たすべき役割は、今後ますます増大していくものと考えられている。
また、平成7年7月に地方分権推進法が施行され、同法に基づいて設置された地方分権推進委員会から内閣総理大臣に対して昨年12月20日に機関委任事務制度の廃止を中心とした第一次勧告が出されたところであり、今後、地方分権が進展していくに伴って、地方公共団体の果たすべき役割は量的に増大するだけではなく、質的にも一層重要なものとなっていくことが見込まれている。
このように、地方公共団体の果たすべき役割については、今後ますます増大し重要なものとなっていくものと考えられるところであるが、他方、現下の地方公共団体をとりまく環境は極めて厳しく、将来的にも、地方公共団体が活用することができる人材、財源等の行政資源についてはますます限られてくるものと見込まれている。
地方公共団体においては、こうした状況を踏まえ、社会経済情勢の変化に対応した来るべき地方分権の時代にふさわしい簡素で効率的な行政システムを確立していくことが求められている。
その際、鍵を握るのは地域の行政の実際の担い手となる一人ひとりの職員である。なぜなら、地方公共団体の仕事は地方公共団体の職員一人ひとりが自己の担当職務を全うすることによって遂行されていくからである。
したがって、地方公共団体が、今後ますます増大し重要なものとなっていくその役割を十分に果たしていくためには、各地方公共団体それぞれにおいて、行政の実際の担い手で

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
260位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
44,930

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.魅力ある農林業の担い手づくり
2.高齢社会における福祉施策の展開
3.自然環境にやさしい地域振興
4.大規模災害を想定した危機管理体制の整備
5.行政とボランティアとの連携
6.少子化社会における子育て支援
7.「地方自治行政等の調査研究」の報告書
8.行政業務へのグループウェア導入方策の調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から