日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

Tecno-Ocean '96 international Symposium-ProceedingsI

 事業名 「テクノ・オーシャン’96国際シンポジウム」の開催
 団体名 国際海洋科学技術協会 注目度注目度5


 

和歌山マリーナシティ親水性防波堤の建設とその効果

Construction and Effects of The Water-affinity Breakwater in Wakayama Marina City

 

前田和男 1),南兼一郎 2),成瀬栄治 2)
Kazuo MAEDA, Ken-ichiro MINAMI, and Eiji NARUSE
1)運輸省第三港湾建設局和歌山港工事事務所
Wakayama Port Construction Office,
The Third District Port Construction Bureau, Ministry of Transport
2)運輸省第三港湾建設局神戸調査設計事務所
Kobe Investigation and Design Office,
The Third District Port Construction Bureau, Ministry of Transport

 

KEYWORDS

Waterfront, Water-affinity Breakwater, Design, Living Creatures

 

ABSTRACT

In the center of Wakanoura Bay. a 49ha offshore artificial island comes in sight. It is Wakayama Marina City, which is constructed as maritime resort complex. and The World Resort Exposition was held here in 1994. The breakwater at the waterfront of the islands not only have the function of protecting the island from natural disasters, but also bring citizens comfortable spaces for walking, gathering, seeing beautiful landscape, relaxation. and so on. It was planned, designed, and constructed as the full scale water-affinity breakwater for the first time in Japan. To meet many demands of citizens, the breakwater has several structural characters such as l)vertical slit type caissons for wave dissipating. 2)double deck walk way on the breakwater for amenity, safety, and structural stability. 3)round shaped parapet for safety, 4)stairs and slopes between the upper deck and the lower deck every 100meters. 5)curved designed balconies and plazas, 6)pine trees and other plants near the bench at the lower deck on the breakwater. Many citizens visit the breakwater, and have a good time on it. According to the recent survey, Many kinds of living creatures are also seen under the water.
This paper shows an example of the process to construct the water-affinity breakwater and the effects of it.

 

1. はじめに

和歌山マリーナシティは、既往の美しい自然海岸と人工島のウォーターフロントの調和を図りつつ、和歌浦湾のほぼ中火、和歌山市毛見地区の地先水面約49haを埋め立てて建設するマリーナを中心とした海洋性リゾートコンプレックスであり、平成6年7月〜9月には世界リゾート博覧会が開催された。島介体の供用聞姶を目指して、現生、建設が進められているところである。Photo−1.に現況を示す。
和歌山マリーナシティは、人工島全体を通じて海及び水に親しむ、いわゆる親水性の空間を創出しようとするものである、また、そうして形成される親水性空間が、そこを訪れる人々によって形成される賑わい空間を演出するものとなることが期待されている。
人工島前面に配置した防波堤についても、このようなリゾートコンプレックスを目指すためには、従来の防波

 

086-1.gif

Photo-1. Bird's Eye View of Wakayama Marina City

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
779位
(30,263成果物中)

成果物アクセス数
12,237

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年10月13日

関連する他の成果物

1.テクノオーシャン’96国際シンポジウム・ポスター
2.Tecno-Ocean '96 international Symposium-ProceedingsII
3.「「テクノ・オーシャン’96国際シンポジウム」の開催」の報告書
4.平成8年度 船舶用コンテナ自動立体格納装置の研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から