日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第8章 測定


8・1測定の基礎

 特定の目的をもって、事物を量的にとらえるための方法・手段を考究し、実施し、その結果を用い所期の目的を達成させるこを計測という。測定は、この一要素であり、ある量を、基準として用いる量と比較し、数値又は符号を用いて表すことである。(J1SZ8103)したがって、測定を行うには基準となる量が必要であり、その基準となる量を単位という。単位の詳細は、第1章1・1電気の単位を参照されたいC測定法は、次のとおりである。

(1)直接測定:

 測定量を同種類の基準となる量(単位あるいはその定数倍)と比較して行う測定。電圧目盛のついた電圧計で電圧を測定することなど。

(2)間接測定:

 関数関係にある量の一つの量を測定するのに、残りの量の測定値から計算によって求める測定。抵抗Rに流れる電流Iと電圧Vを測定し、R=V/Iの関数関係からRの値を計算することなど。

(3)比較測定:

 同種類の量と比較して行う測定で、直接測定を含む。3Vは1Vの3倍であることなど。

(4)絶対測定:

 基本量などを定義どおりに求める測定。1Aの測定を定義どおりに測定する測定や、組立単位を基本量から導く測定など。また、標準と測定量と表示の関係から、操作による区別は次のとおりである。

(a)偏位法:

 指針の振れや表示の読みから直接測定量を読み取る方法。ほとんどの測定器は、最終的には直接量を読み取れるから、偏位法によっているといえる。

(b)零位法:

 測定量から導かれる量と基準となる量(標準が発生する量)から導かれる量の差が雲となるように、測定器を制御する方法。零を検出するだけでよいので、高い精度の測定に用いられる。一種の間接測定である。

(C)置換法:

 測定量と既知量(この量を標準の与える基準となる量であるとみなす)を置換して、二度の測定結果から測定量の計算を行う方法。測定器の条件が変化しないとみなせるような短時間で、置換を

 

 

 

  前ページ  目次へ  次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
461位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
22,290

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その1)・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気理論編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その2)・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(船舶法規編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験検査編・中級)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
12.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
13.船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)
14.船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・強電用)
16.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・弱電用)
17.船舶電気装備資格者名簿(平成8年7月現在)
18.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
19.船舶電装業の経営合理化に関する指導事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から