日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

タイ国国鉄バンコク?チェンマイ間速度向上計画予備調査報告書

 事業名 海外における鉄道技術セミナーの開催
 団体名 海外鉄道技術協力協会 注目度注目度5


 

5・5 対策効果

ここでは、北線の利用に影響を及ぼすと考えられる地域間について、現在の交通機関別の輸送状況を把握・分析し、新スプリンターの時間短縮を行った場合の旅客需要を想定する。さらに、収入の増加に伴う対策効果を把握する。
5・5・1 現在の状況
(1)地域間の輸送状況
北線に関する代表的な地域間流動としてバンコク〜チェンマイ、バンコク〜ピサヌロク間を対象に、現在の交通機関別の輸送状況を(表5・5−1)及び(表5・5−2)に整理した。
1)バンコク〜チェンマイ
1995年における交通機関別の輸送人員をみると、鉄道はバス(乗用車利用を含む)の約1/4、また航空の約1/2〜1/3となっている。鉄道のシェアが低いのは、所要時間、運賃・料金、本数等のサービスレベルが他の交通機関に比べて低いことによるものと考えられる(航空との運賃・料金差は除く)。
2)バンコク〜ピサヌロク
距離が400?q弱であることから、航空のシェアは低い。しかし、バス(乗用車利用を含む)のシェアは全体の約9割を占めており、鉄道のシェアは約7%にすぎない。これは、鉄道とバスで所要時間や本数に大差がないので、運賃・料金差に起因しているものと考えられる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
884位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
11,007

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.REPORT ON THE PRELIMINARY STUDY OF THE PROJECT FOR THE CONSTRUCTION OF A NEW TRANSPORT SYSYTEM IN CAPE TOWN IN THE REPUBLIC OF SOUTH AFRICA
2.PRELIMINARY STUDY ON STATE RAILWAY OF THAILAND NORTHERN LINE TRANSPORT TIME REDUCTION
3.SEMINAR ON RAILWAY MODERNIZATION IN MYANMAR
4.SEMINAR ON MODERNIZATION OF RAILWAY TRANSPORT IN CAMBODIA
5.「海外における鉄道技術セミナーの開催」の報告書
6.平成8年度「高密度輸送の快適化の研究」事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から