日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

タイ国国鉄バンコク?チェンマイ間速度向上計画予備調査報告書

 事業名 海外における鉄道技術セミナーの開催
 団体名 海外鉄道技術協力協会 注目度注目度5


 

4・6 短縮時分の算出

 

4・6・1 速度制限
速度制限は表4・6−1並びに図4・6−2に示した。バンダン〜チェンマイは山岳部分で急勾配であるのみか非常に多数の急曲線が分布している。接近している制限は減速、加速にそれぞれ減速距離、加速距離が必要である為、減速し切れない内に加速区間に入ったり、逆に加速し切れない内に次の制限区間に入る事も考慮して制限区間を合理的に統合する必要もあり、これらを勘案して列車の運転に用いる速度制限を定める必要がある。
高性能振り子車両に適用する曲線、直線の最高速度およびCurve Data:B.E.2534及びCurve Data in Lumpang Den.(SRT)のFuture欄の数値を基礎にして速度制限表4・6−1及び速度制限図(図4・6−2)を作成した。又現在通過制限のある駅は現在の制限速度を採用した。

 

4・6・2 時間短縮
(1)前提条件
1)停車駅
バンコク・チェンマイ間の停車駅は次の9駅を設定した。
バンスウ、ドンマン、バンパチ、ロップリ、ナコンサワン、ピサヌロク、ウタラヂット、デンチャイ、ナコンランパン
2)その他
常用ブレーキ減速度は乗り心地を考慮して車両性能に拘わらず2?q/H/secとした。
又、駅通過は全て直線側を通過するものとして制限速度は本線と同一と考えた。
(2)計算結果
以上の前提条件を用いて計算した駅間の運転時分及び到達時分を表4・6−2及び表4・6−3に示した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
883位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
11,006

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.REPORT ON THE PRELIMINARY STUDY OF THE PROJECT FOR THE CONSTRUCTION OF A NEW TRANSPORT SYSYTEM IN CAPE TOWN IN THE REPUBLIC OF SOUTH AFRICA
2.PRELIMINARY STUDY ON STATE RAILWAY OF THAILAND NORTHERN LINE TRANSPORT TIME REDUCTION
3.SEMINAR ON RAILWAY MODERNIZATION IN MYANMAR
4.SEMINAR ON MODERNIZATION OF RAILWAY TRANSPORT IN CAMBODIA
5.「海外における鉄道技術セミナーの開催」の報告書
6.平成8年度「高密度輸送の快適化の研究」事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から