日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

タイ国国鉄バンコク?チェンマイ間速度向上計画予備調査報告書

 事業名 海外における鉄道技術セミナーの開催
 団体名 海外鉄道技術協力協会 注目度注目度5


 

第4章 北線の時間短縮

 

4・1 時間短縮への期待

(1)時間短縮による輸送貢献
調査の概要をはじめ、既に述べたとおり、タイ国のめざましい発展を支えていく鉄道として、国鉄北線の遠距離旅客列車につき、格段の時間短縮が望まれる状況にある。
(a)バンコク〜チェンマイ間、各輸送機関のサービス
北線の昼間特急スプリンターは、バンコク〜チェンマイ間を10時間45分要し、1日1往復のみのサービスを提供している。
高速バスによる輸送は、同区間を9時間で結んでおり、回数も40回と頻度が高い。
また航空輸送も両空港間が1時間10分程度であって、アクセスも比較的近く、1日に約10往復のサービスを行っている。
(b)北線の遠距離旅客サービス
昼間特急には数年前から優れたディーゼルカーの「スプリンター」を投入して時間短縮を図り、表定速度70km/h、最高速度120km/hの運行を行っている。これはメーターゲージの鉄道としては高いレベルであるが、なお所要時間は上記の状況にあり、いま一段の短縮を目指す必要がある。
なおもう1往復の昼間快速は14時間50分を要しており、他に寝台特急が4往復、所要12〜14時間の輸送を提供している。夜間寝台特急についても時間の短縮が望ましいが、旅客の時間帯利用のニーズからして、昼間特急の短縮への期待の方が格段に優先と見られる。
(c)北線に期待される時間短縮
このような北線の遠距離輸送の現状において、バンコク〜チェンマイ間の輸送に関するモード間のシェアは、鉄道が13%と小さい。政府のチェンマイ観光事務所の入込観光客調査では、鉄道利用観光客の道路利用に対する比率が約1/2となっている。
以上のようなことから、まず昼間特急を対象として大筋次項に述べるような方策を提供することが期待される。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
884位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
11,007

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.REPORT ON THE PRELIMINARY STUDY OF THE PROJECT FOR THE CONSTRUCTION OF A NEW TRANSPORT SYSYTEM IN CAPE TOWN IN THE REPUBLIC OF SOUTH AFRICA
2.PRELIMINARY STUDY ON STATE RAILWAY OF THAILAND NORTHERN LINE TRANSPORT TIME REDUCTION
3.SEMINAR ON RAILWAY MODERNIZATION IN MYANMAR
4.SEMINAR ON MODERNIZATION OF RAILWAY TRANSPORT IN CAMBODIA
5.「海外における鉄道技術セミナーの開催」の報告書
6.平成8年度「高密度輸送の快適化の研究」事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から