日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

タイ国国鉄バンコク?チェンマイ間速度向上計画予備調査報告書

 事業名 海外における鉄道技術セミナーの開催
 団体名 海外鉄道技術協力協会 注目度注目度5


 

第3章 北線の現状

 

3・1 タイ国鉄(SRT)の輸送概要

(1)経営状況
タイ国鉄の経営状況は他の諸国と同様に、自動車の普及や道路、航空路の整備により、苦しい状態が続いている。
収支はここ10年以上赤字が続いていたが、1994年からは関連事業が始まり、その収益が収入に組み入れられたため、全体としては黒字に転換しているが、鉄道営業部門については依然として赤字が続いている。
(表3・1−1)に最近5年間の収支の推移を、(表3・1−2)に1993年のSRTの営業収支を示す。
(2)輸送状況
1)旅客輸送
(表3・1−3)に旅客輸送状況を示す。1970年代から増加してきた旅客輸送量は、1980年代に入ってからは増加の伸びが鈍化し、1994年には前年より0.5%減少している。
SRTの旅客輸送の特徴としては平均乗車距離が1994年では166.0kmと日本の27.5kmに比べてかなり長い。これはタイ国鉄の輸送の主体が通勤通学輸送ではなく、都市間輸送であることを示している。
旅客列車のクラスは1等車、2等車、3等車、特別ディーゼルカー(スプリンター)に分けられる。次表に1993年の各クラス別の利用人員、旅行距離を示す。乗客の94%は都市間でも比較的近距離の3等車の利用客で占められている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
884位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
11,007

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.REPORT ON THE PRELIMINARY STUDY OF THE PROJECT FOR THE CONSTRUCTION OF A NEW TRANSPORT SYSYTEM IN CAPE TOWN IN THE REPUBLIC OF SOUTH AFRICA
2.PRELIMINARY STUDY ON STATE RAILWAY OF THAILAND NORTHERN LINE TRANSPORT TIME REDUCTION
3.SEMINAR ON RAILWAY MODERNIZATION IN MYANMAR
4.SEMINAR ON MODERNIZATION OF RAILWAY TRANSPORT IN CAMBODIA
5.「海外における鉄道技術セミナーの開催」の報告書
6.平成8年度「高密度輸送の快適化の研究」事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から