日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

タイ国国鉄バンコク?チェンマイ間速度向上計画予備調査報告書

 事業名 海外における鉄道技術セミナーの開催
 団体名 海外鉄道技術協力協会 注目度注目度5


 

2・5 運輸

 

2・5・1 鉄道
タイの鉄道は王立鉄道として1890年にラマ5世により設立され、1951年タイ国有鉄道公社法により現在の公共企業体の形態となった。1896年バンコク〜アユタヤ間が最初に開通して以来、来年でちょうど100周年を迎える。
今回の調査対象となっている北線のバンコク〜チェンマイ間は、これより30年後の1926年に開通している。当初は標準軌で建設されたが、近隣諸国との連絡を考慮し、後にメーターゲージヘ転換された。
タイにおける鉄道はすべてタイ国鉄(SRT:State Railway of Thailand)に属し、民営によるものはない。路線はバンコクから放射状となっており、チェンマイまでの北線、ノンカイ、及びウホンラチャタニまでの北東線群、アランヤプラナートまでの東線、マレーシア国境に至る南線が基幹路線である(図2・5−1参照)。これに若干の支線を加えて、営業キロは3,870kmであるが、その大部分は単線で複線区間はバンコクから北に向かう約90km(2.3%)にすぎない。
路線はマレーシア、カンボジアなどの近接諸国と同じ1mである。電化は全く行われておらず、全列車が欧米製または日本製のディーゼル機関車及びディーゼルカーにより運行されている。
1994年の旅客輸送量は87,336千人、14,496(百万人−キロ)で、ここ数年ほぼ横ばいである。同年の貨物輸送量は7,580千トン、3,072(百万トン−キロ)でこちらもほぼ横ばい傾向が続いている(表3・1−3、5参照)。
各地域間の輸送状況を鉄道、自動車、航空機のシェア別でみると、バンコク〜チェンマイ間では鉄道の13%に対し、自動車56%、航空機31%、バンコク〜ピサヌローク間では鉄道7%に対し、自動車92%、航空機1%で、全体の輸送量が増加している中で、鉄道のシェアが低下している。(表5・5−1、2参照)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
884位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
11,007

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.REPORT ON THE PRELIMINARY STUDY OF THE PROJECT FOR THE CONSTRUCTION OF A NEW TRANSPORT SYSYTEM IN CAPE TOWN IN THE REPUBLIC OF SOUTH AFRICA
2.PRELIMINARY STUDY ON STATE RAILWAY OF THAILAND NORTHERN LINE TRANSPORT TIME REDUCTION
3.SEMINAR ON RAILWAY MODERNIZATION IN MYANMAR
4.SEMINAR ON MODERNIZATION OF RAILWAY TRANSPORT IN CAMBODIA
5.「海外における鉄道技術セミナーの開催」の報告書
6.平成8年度「高密度輸送の快適化の研究」事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から