日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

タイ国国鉄バンコク?チェンマイ間速度向上計画予備調査報告書

 事業名 海外における鉄道技術セミナーの開催
 団体名 海外鉄道技術協力協会 注目度注目度5


 

2・3 経済

(1)経済発展と計画
タイの経済開発計画は、1961年に第1次をスタートさせて以来30年あまりにわたってタイの経済発展に寄与している。
現在の第7次経済社会開発計画は、92年から96年の5年間を対象とした計画で、97年からは第8次計画が始まる。(タイの会計年度は10月から翌年9月まで)
1960年代以降のタイの経済発展の歩みは大きく3つの時期に分けることができる。すなわち1960年代の輸入代替工業化の進展による工業化の時代、70年代から80年代にかけての輸出指向型工業化に向けての移行時期、そして80年代以降の国際経済環境の好転に伴う輸出工業化の急進展の時代である。
現在の第7次計画は1980年代後半以降の急速な経済成長の経験の上に、タイ経済の大きな発展可能性に強い信頼を置き、世界経済との相互依存を意識し、インドシナ、東南アジア地域に経済発展の核になるための意志を力強く示す一方、経済発展の成果を生活の質の改善と、社会的公正の実現を目指す必要性を強調したものとなっている。
(2)GDPの推移
タイのGDPは、1988年から1990年にかけて3年連続で2桁の成長となったが、1991年以降のタイの実質経済成長率は平均7〜8%で推移している。1992年現在のGDPは約2兆8,000億バーツ(約1,100億ドル)で、日本の約1/33、韓国の1/3程度に達している。所得水準についてもほぼ10年ごとに倍増しており、1992年には約1,880億ドルで世界132か国中57番目に位置し、ポーランド、ウクライナと肩を並べる。(次表に1994年のタイ経済成長率の推移を示す。)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
883位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
11,006

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.REPORT ON THE PRELIMINARY STUDY OF THE PROJECT FOR THE CONSTRUCTION OF A NEW TRANSPORT SYSYTEM IN CAPE TOWN IN THE REPUBLIC OF SOUTH AFRICA
2.PRELIMINARY STUDY ON STATE RAILWAY OF THAILAND NORTHERN LINE TRANSPORT TIME REDUCTION
3.SEMINAR ON RAILWAY MODERNIZATION IN MYANMAR
4.SEMINAR ON MODERNIZATION OF RAILWAY TRANSPORT IN CAMBODIA
5.「海外における鉄道技術セミナーの開催」の報告書
6.平成8年度「高密度輸送の快適化の研究」事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から