日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

NO GUNS! 恐怖のけん銃

 事業名 銃器問題に対する啓発
 団体名 全国防犯協会連合会 注目度注目度5


 

”ヘルプミー”助けを求める悲痛な声。

きのうまでの笑顔が、一発の十弾で消え去ります。

市民は大きな不安。
銃口が一般市民の生活にまで!

 

青物横丁駅構内で医師殺人事件
通勤途中の都立病院の医師(男性47歳)が、駅構内で恨みをもつ元患者にけん銃で撃たれて死亡。けん銃の入手先は暴力団関係者からだった。

 

銃器による犯罪が市民生活の場にまで及んできたことにより、国民は大きな不安を抱いています。
平成7年に総理府が行った「けん銃等銃器問題に関する世論調査」によると、国民の80%はわが国の銃器情勢は悪化してきたと認識しており、今後の銃器情勢についても悪化すると予測するものが74%にも達しています。

 

ファミリーレストランのアルバイト女子大生(20歳)が、けん銃を持った犯人にガムテープで縛られた後、頭部を打たれて死亡。犯人は52万円を奪って逃亡したが、その後自殺した。
スーパーマーケットで3人の女性強盗殺人事件
アルバイト中の女子高性ら3人(16歳、17歳、45歳)が夜間の事務所で、強盗にけん銃で撃たれて死亡.犯人は何も盗まずに逃走した。
横浜市内路上での強盗殺傷事件
夜間売上金を銀行に輸送中の釣具店店長ら男性3人(46歳、24歳、36歳)が強盗犯人2人にけん銃で打たれ、1人が死亡.犯人2人は現金100万円を奪って逃走したが、その後逮捕された。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,991位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
1,475

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.「銃器問題に対する啓発」の報告書
2.国家公務員のためのニューライフサイクルを考えるセミナープログラム(東京・大阪)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から