日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

の周波数の電波で2分母に時刻と軌道情報を送信している。衛星航法受信機が上空の飛しょう中の衛星から信号を受信すると、衛星軌道からの距離に応じたドップラ信号(接近又は離反の速度によって発生源の周波数が高くなったり低くなったりする現象を示す信号)を生ずると共に、時刻信号と軌道情報を受けるので、これらによって船位の解析計算を電算機で処理し、自船位置を測定する。この受信機による測定頻度は、衛星が近くの上空を通過する周期によって決まり、その間隔は緯度によって異なるが30〜120分に1回の割合であるので、任意に何時でも衛星により測定はできないが、その測定精度は非常に高いといわれている。実際の装置ではジャイロコンパスとログの信号を電算機に入力して、先に衛星により測定した自船の位置を基準として、常時自船の推定位置を計算し、その値を表示できるようになっている。
2・13・17 GPS/NAVSTAR航法装置
GPS/NAVSTARとはGlobal Positioning System/Navigation System usi? Time And Rangingの略で、全世界的な位置測位システム/時間と距離による航法システムを意味しており、一般にはGPSと略称されている。
GPSは、アメリカ空軍のスペース・ミサイル本部が中心になって開発を進め運用されるに至った人工衛星利用の受動形測位システムで、他の受動形電波航法システムと比べ、最も精度高く有効なシステムと認められている。
GPSは衛星は現状では地球の表面から高度約20,187?で、6軌道に18個の衛星(各軌道に3個づつ)を配置され、周期約12時間で地球を周回している。
GPS衛星は極めて精度の高い時計装置が備えられており、各衛星とも定められた時刻に電波を発射する。利用者側の受信機も正確な時計装置を備え、各衛星からの電波を受信し、衛星から利用者までの電波の伝搬時間を測定することにより、両者の距離が測定される。利用者は視野内にある3〜4個の衛星を同時に受信して3次元的に自船の位置を決定できる。GPS受信装置は一般に信号捕捉と追尾をマイクロコンピュータ制御により行い、時々刻々の船位情報を得ることにより、自船の現在位置、速度、針路、また、要すれば目的地迄の距離等の表示することができる。
なお、GPSシステムは初期の計画では3軌道に24衛星を配置することになっていたが、財政的な理由から6軌道18衛星に変更された経緯があり、何れは衛星個数の追加が行なわれる可能性あることに留意する必要がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
217,109

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その1)・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気理論編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その2)・中級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(船舶法規編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験検査編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
12.船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
13.船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)
14.船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・強電用)
16.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・弱電用)
17.船舶電気装備資格者名簿(平成8年7月現在)
18.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
19.船舶電装業の経営合理化に関する指導事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から