日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

法にはロランAとロランCの2つの方式があり、ロランAは1,850〜1,950KHzの電波を、ロランCは100KHzの電波を使用している。
2・13・13 デッカ受信機(デッカナビゲータ)
デッカは双曲線航法方式であってロランと違って、連続波の位相測定だけで電波の到来時間差を測定している、一つのデッカチェーンは1主局と3従局が組となって運用されている。
2・13・14 オメガ受信機
オメガはロランやデッカと同様に双曲線電波航法であるが、非常に遠距離まで伝わる極度に波長の長い超波長の電波(10〜14KHz)を使用し、わずか8局の地上局で全世界的に利用可能である点が特徴的である。オメガ受信機は2対又は3対の局からの連続波の電波を同時に受信し、夫々の対の2局からの距離差を電波の位相差によって測定し、それらの測定値から距離差を表わす位置の線の交点として自船位置を求めることができる。
2・13・15 レーダー
レーダーは指向性の送受信兼用の空中線からマイクロ波のエネルギーを放射し、これが目標物に当って返ってくるのを同一空中線で受信し、その日波の往復の伝ぱん時間から目標物までの距離を測定できる装置で、その指示器はブラウン管の映像によるもので、目標物はその方位と距離に応じた位相に表示される。
船舶用レーダーのマイクロ波は波長3?〜10?の範囲であるが、波長3?のマイクロ波のレーダーが最も広く使用されている。送受信空中線には放物線形空中線とスロットアレイ空中線(溝付導波管形空中線)の2形式があるが、後者の方が小形で風圧に対する抵抗が少いため、特殊用途のもの以外は殆んど全部がこの形の空中線を採用している。
2・13・16 衛星航法受信機衛星航法方式(NNSS,Navy,Navigation Satellite Systemの略)は米海軍により開発され、かつ、運用されている人工衛星を利用した船位測定の方式で、NNSSと略称されている。この方式は1967年に民間の利用が許可され、それ以来かなり多くの船舶が測定精度に注目して衛星航法受信機を装備するに至った。
衛星はトランシットと称し数個のものが高度約1,000?で地球の南北極上を通過する円形極軌道を描いて、約107分の周期で地球の周りを廻っており、これが一定

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
217,109

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その1)・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気理論編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その2)・中級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(船舶法規編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験検査編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
12.船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
13.船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)
14.船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・強電用)
16.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・弱電用)
17.船舶電気装備資格者名簿(平成8年7月現在)
18.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
19.船舶電装業の経営合理化に関する指導事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から