日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信講習用船舶電気装備技術講座(電気機器編・初級)

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


 

1. 電気機器に対する一般的要求事項

 

1・1 一般事項

船用電気機器と陸上用電気機器との相違を一言に表現することはむずかしいが船舶では航行中の運転条件、気象条件の影響、機器の装備される場所の周囲条件などが陸上と異なるので船用電気機器としては特に指定のある場合を除き次に述べるような一般的注意事項による。
1・1・1 大きさ
(1)外形寸法は使用目的、性能を損わない範囲でできるだけ小型とすること。
(2)発電機、配電盤など特別の機器を除き普通の機器はハッチから出し入れできる寸法とする。特に比較的補修の機会の多い部品は小形とすること。
1・1・2 重量(質量)
(l)機器の重量はその性能。強度及び信頼性を損なわない範囲でできるだけ軽くすること。
(2)50〔kg〕を越える機器は、つり上げに必要な金具を備えることが望ましい。
(例:発電機、電動機、配電盤、抵抗器など)
なお、外形構造が搬入、搬出に不便なものは50(kg〕以下でもつり上げ金具を備えることが望ましい。
(3)携帯あるいは、移動して使用する機器は、できるだけ50〔kg〕以下に重量を制限すること。
1・1・3 温度
(1)基準周囲温度の限度(以下基準温度という。)は次による。
(a)航路に制限のない船
一次冷却水温度…32〔℃〕
機関室(主機室、ボイラ室)及び調整室暴露甲板に装備する機器…45〔℃〕
注:ただし、上記の場所に装備する回転機…50〔℃〕
上記以外の場所に装備する機器…40〔℃〕
(b)熱帯圏外でのみ航行する船
一次冷却水温度…25〔℃〕
すてべての場所に装備される機器…40〔℃〕

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
45位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
217,109

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
2.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その1)・初級)
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気理論編・初級)
4.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気艤装設計編・中級)
5.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備技術基準編(その2)・中級)
6.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気計算編・中級)
7.通信講習用船舶電気装備技術講座(船舶法規編・中級)
8.通信講習用船舶電気装備技術講座(試験検査編・中級)
9.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・基礎理論編)
10.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・装備艤装工事編)
11.通信講習用船舶電気装備技術講座(レーダー・機器保守整備編)
12.船舶電気装備技術講座(GMDSS・基礎理論編)
13.船舶電気装備技術講座(GMDSS・艤装工事及び保守整備編)
14.船舶電気装備技術講座(GMDSS・法規編)
15.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・強電用)
16.船舶設備関係法令及び規則(資格更新研修用テキスト・弱電用)
17.船舶電気装備資格者名簿(平成8年7月現在)
18.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
19.船舶電装業の経営合理化に関する指導事業の実施内容
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から