日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

造船現図指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

9 おわりに

現図展開を、「1 はじめに」で冒頭にことわったように、Know Why:なぜなのかを説明する試みで書き下してみた。
用いる図表示も、整合性よりイメージを強調し、現実より誇張して描いてある。
このテキストは、経験の書でなく、知識の書であるこの知識を実際の現図に当てはめて学んでいただければ、経験のかなりの範囲は凌駕できるであろう。
また説明は作画現図(手作業)についてであるが、参考としてところどころで数値現図(コンピュータ・システム)と対比した。もう数値現図の時代ではあるものの、システムがブラックボックス(覗けない内容)になっていて、定かでないものが多い。システムの導入選択に当たって、このテキストに示した内容がどのように処理されているか、つぶさに問合せ、具体的に吟味されるとよい。またすでに数値現図を使っている人にも、この作画現図の知識は「温故知新」として役立つと考えている。
9.1 現図工程中の展開作業
造船現図の機能は
?@空間に形状を表現する。
?Aその形状を取材形状に変換する。
?B形状情報を伝達手段に転換する。
の3段階に分けられる。
作業量は、手作業所要時間で
?@「現尺線図」が5%
?A「現図展開」で10%
?B「現寸型定規」で残り85%
くらいの割合になる。機能の本質的部分?@?Aは合わせて15%程度であり、この作業品質が現図の水準を決める。
丁寧な余裕を持った仕事としたい。合理化するなら?Bであろう。
9.2 現尺線図工程での展開準備
主な作業は外板曲面関連であり、切直し線図や相貫体線図は、先ず展開法や組立法を決めて準備するこれらの作業は基本設計図だけで行えるから、工作要領の前倒し検討に留意したい。
また作業者が同じ場所に集中し干渉し合わないために、現図場の使用場所計画は、加工組立日程を押えて行っておく。
一般に展開準備のための線図作成者と展開作業者は同一人で、引続き作業として計画するのが望ましい。複雑な展開部位は、準備線図も複雑になり、意志疎通や相互の思いやりが能率や精度

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
66位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
163,570

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から