日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

造船現図指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

3 可展面と非可展面

図学では、空間にある曲面が、その面上の線の長さを変えずに一平面上に移せるとき、その曲面を可展面といい、柱面・錐面・接線曲面(接平面包絡面)の3種に限られる。
造船では普通は可展・非可展の区別をしないが、この区分は具体的な展開作業を行う上で便利なので、意味を変えて用いることにする。
造船における可展・非可展の区分は、部材に榛鉄加工があって、その加工がプレス押しだけで完成できるか、できないか、である。
造船では雌雄型による押切り成型はないから、この区分で図学の定義と矛盾しない。
また、この区分は板材に対してであって、形材では用いない。
プレス加工とは、矢弦により所要角に折ることで、この折線をふやすことで曲面成形ができる。曲げローラー加工は折線を平行に無限にふやしたと見做し、プレス加工と同等とする。
角度を付けて折る線をKL(ナックル)線、曲面を成形してゆく線を、ロールラインと称して区別している。
3.1 可展の条件
プレス曲げだけで、撓鉄加工が完成できるには、次の二つの条件が必要である。
一つは、KL線=ロールラインが直線で、二つには、その面に絞りや捩れがない、ことである。絞りや振れは、プレスでは与えることができず、熱加工による局部収縮で対処している。収縮による成形と逆に、ハンマーで叩き伸す方法(ピーニング)が用いられることがあるが、空間形状と展開形状とで、その面上の線の長さが変る点で類似であり、可展ではない。
図学教科書では、展開手法の典型例として多面体(平面多角形で囲まれた立体)の表面を、面の角(陵線)での折れを開いて、平面上に拡げる説明がある。
造船分野で実際に出てくる多面体といえば台形(図23.1)であるが、このとき吟味しなければならないのは、その構成面に振れがないのか、どうか、である。この面の四辺形を展開するのに、対角線を結んで三角形に分割し(図2.3.2)、その各実長を求めて展開してみる。

036-1.gif

図2.3.1

036-2.gif

図2.3.2

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
66位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
161,777

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から