日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

造船現図指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

一般にバッテンで曲線を回すと、端点近傍は直線となっている。この範囲を減らすには端点近くに点を押えるとよい。5点で曲線を押えようとすれば、点は図2.2.14のような配置であろう。

035-1.gif

図2.2.14

さて、このように点列の接続で表わされた空間曲線の実長は、どのように求めるか。
直線の実長を求めた方法を拡大するのである。点のある位置ごとに平行平面を想定し、平面間スペースの上に、各点間の「落ち」を目盛って行き、その目盛った点を接続すれば、それが実長の曲線となる(図2.2.15)。「落ち」はその平行平面上の投影曲線上で拾い、求める実長も点列接続曲線上で求める。
直線の実長の説明では、その端点を含む二平面と、「落ち」(その投影線)を含んで二平面に直交する第三の平面を想定し、この直線を含んだ第三の面を作画して実長を捉えた。この第三の面は、空間曲線ではどうなるか。これは平面ではなく、空間曲線を含み、点列ごとの平行平面に直交する曲面になるのである。この曲面を平面上に展開したのが、実長曲線の作画と捉えれば、直線の場合と全く同じ方法であると理解できる。

035-2.gif

図2.2.15

次は、曲線/曲面での角度である。幾何学では、交点における各々の曲線/曲面の接線のなす角であるが、さきに見たように点列で表現される曲線は、接線の意味があるほどの確かさでは、船体曲面もそれから派生する曲線も捉えていない。
さきに直線/平面の角度の説明で、展開に角度は使わない方がよい、としたが、曲線/曲面では、使ってはならない、としておく。
現図展開とは関係ないが、外板曲面上で求めて現場に渡す必要のある角度がある。ついでだから、その考え方を示しておく。
・取付け度:組立時に使用する角度自在金の足の当たる点を求めて出す(図2.2.16)。曲り外板が逆反りのときはどうするか。下げ振り度は、そのためにある。
・曲げ型当て度:曲り外板では、当て位置と見透し線を押えるのが第一義であり、当て度は参考なので、曲面上に直線を近似させる。ここらの詳しい論議は別途としておく。

035-3.gif

図2.2.16

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
67位
(31,444成果物中)

成果物アクセス数
166,206

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月24日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から