日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

造船現図指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

2 展開の原理

基本はユークリッド幾何学である。内容例には「平行線は相交わらない」がある。ちなみに非ユークリッド幾何学では「平行線は無限遠点で交わる」であり、平行線も交わる線として包含する。実質的には同じことで、太陽は一点で、その光を放射しているが、その放射点より遠い地球上では、平行光と見做してよい。
2.1 空間の幾何
幾何というのはGeometry:土地測量法の意味のある外国語に対応する用語で、図形の科学であるが、現図に応用する方法は、本書では計算でなく作画で解く範囲に限られる。
作画である以上、図形を描く平面上に捉えなけばならない。この捉え方として、平行光による投影を用いる。太陽光による影をイメージするとよい。
一般に空間図形の科学は「図学」として体系化されており、造船特有でない部分はそれを参照すれば足りるので、本編では取挙げない。
現在普及を進めている数値現図では、方法は計算であり、実長と実名は方向を持つ量であるベクトルとし、空間は空間のまま取扱える。本編で説明している作画現図の対比として、付記しておく。
2.2 空間から平面へ
形状を表わす要素は線なので、空間にある線を平面に投影する様子を考える。
太陽光は真上から降り注ぐ。線と見做す棒は地面に対して斜めに宙に浮いているとする。真下に棒の影ができる。影の長さは棒より短い(図2.2.1)。展開するとは、平面上に実長で形状を描くことだから、この棒=線の実長を影の形から求めねばならない。
造船現図では、これを次のように考える。
?@線の下端点を含み、地面に平行な平面を想定する。この平面への影の長さは、先に見た図2.2.1と変らない。
線の上端点も掴まえないと、実長は決まらないから、この上端点を含む、やはり地面に平行な平面を想定する(図2.2.2)。
?A次に、この線とその影を含む平面を、更に付加えて想定する(図2.2.3)。この面は太陽光に平行(図2.2.1参照)だから、前の?@で想定した二つの平面とは直交する。

030-1.gif

図2.2.1

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
66位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
166,670

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から