日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

造船現図指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

ここで撓鉄作業は二つの目的を持つ。
・平面を所要の曲面にする。
・その曲面の端縁を所要の位置に決める。
この両者が果されることで、曲げ加工は終る。所要の曲面と端縁位置は、曲げ型で与えられている。
余談であるが、外板曲げ加工の自動化と謳って、多点プレス:格子状の圧点のシリンダをNCで昇降させ、その圧点突端で所要曲面を表現(詳しくはバネ戻り量を加味)し、一発押切りで曲面を成形する方式の開発が、2〜3度が試みられているが、いずれも実用になっていない。
これは端縁位置がどのようになるか、撓鉄加工の後者の目的を等閑に付してたからであろう。曲面ができれば自ずと端縁は所定位置に行く、そのように展開されているとは限らないし、よしんばそのような展開が可能になったとしても、確認制御は省いてはならないと考える。
このようにくどくどと展開の意味にこだわっているのは、この理解が乏しいからである。「展開が悪いから、板継ぎのギャップが開いた。現図(作業)がおかしい。」と、組立場より苦情がくる。話が違うのである。ギャップが開くことは、外板端縁が所定どおりでない、ということである。原因としてあるのは、
?@曲げ型が間違っている(これは、まずない。あるとすれば、曲げ型がユニバーサル・セット方式で精度が狂うか、曲げ型の当て方が正規でないか、いずれか。)。
?A曲げ加工が手抜き(曲げ加工定盤上に外板を曲げ形状どおりに支持して曲げなかったか、仕上り検査が甘いか。)。
?B曲げ加工後の外板の保管が悪い(枕台なしに放置したり、上に別の外板を重ねたりして、せっかくの曲げ加工を変形させてしまったか。)。
このいずれか、である。
つまり、展開は曲げ加工抜きには語れない。
これ以上の話は、「6 非可展面の展開」で述べることにし、先に進む。
これまでの話は、外板に関してであった。展開という言葉は、まだ外でも使われる。
一つは、材料から切出したままでは、所定の部材とはならないもの:

025-1.gif

いずれも曲げ加工のある構造材であり、この場合、曲げ加工前の取材形状を展開と言う。
二つは、曲げ加工はないが、図面や現図の上で、形状がまともに見えてない部材の取材形状を求めることも展開という。

025-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
67位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
164,103

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船殻設計
13.通信教育造船科講座 船舶計算
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から