日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船殻設計

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


3.3.2 鋼板の防撓
 
防撓というのは、「ヘナヘナするのをとめる」という意味で、外板、甲板などが鋼板だけでできていると、どうしてもたわみ易く、ヘナヘナしないような厚い鋼板を使うことは重くなり、また材料が非常に不経済であるので、第3.5図に示すように、これに平鋼、形鋼などを溶接して防撓することが一般に行なわれている。
 

 

第3.5図 甲板と防撓材

 

鋼板が船側外板の場合には、堅方向(船の上下方向)の防撓をフレームといい、縦方向の防撓材(船首部に必要)を外板縦防撓材という。甲板では横方向がビーム、縦方向(船の前後方向)の防撓材が、甲板縦通材という。隔壁、助板、内底板の場合もそれぞれタテ、ヨコに防撓材が入っている。板の厚さと面積に対して、どのように防撓材を入れるか(防撓材の寸法と心距、すなわち中心間の距離)が鋼構造の組み方の要点である。第3.5図の場合は矢印の方向の曲げに対しては非常に抵抗が大となる(剛性が増したという)が、これと直角方向の剛性はほとんど変らない。直角方向にも防撓材を入れ、第3.6図のように格子状にすれば、どちらから曲げられても、すなわち水圧のようなものがかかっても剛性は犬きい。このぱあいには、防撓材の交わる点について注意が必要で、溶接線が交叉しないように、切断する方の防撓材に切欠きを設ける必要がある。また第3.7図のように高さのことなる防撓材を直交させるときは高い方に切欠き孔を設けて、低い方を連続して通させるのがよい。
 
 
 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
72位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
165,223

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 艤装
8.通信教育造船科講座 船舶関係法規
9.通信教育造船科講座 船体工作法
10.通信教育造船科講座 工場管理
11.通信教育造船科講座 基本設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から