日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




(1) 水圧する管の確認をする。管の取付けが完了しているか、フランジ、スリーブ等の溶接が完了しているか、フランジは締付けされているか等を確認する。

(2) 水圧用ヘッダーから水圧する管まで銅管又は高圧ホース導設する。

(3) 管先端部には言板を取付け、管の最上部にエアー抜きをつける。ただし、逆止弁又は弁が先端についているものは言板を取付けず、その弁を利用する。

(4) ドレン管?C及び?Aのバルブを開き、?Dのバルブを閉じ、?@の高圧弁を少しずつ開く。

(5) ヘッダー?H?Iの注水する管のコックを開き?Dのバルブを開く。
?H、?Iヘッダーのコックを開かず?Dのバルブを開くと?Fのゲージが破損するので注意する。

(6) 加圧する前にメクラフランジをゆるめておく。プラグの場合は水が出てくるまで取外しておく。

(7) エアー抜きから水が出て、気泡状の水が出なくなったら、?Dを閉め?Cを開いてエアー抜きを締付ける。

(8) ?Dのバルブを開き、?Cのドレン管を少しずつ閉める。加圧時に出口側の圧力計がはげしく振れたり、?Dのバルブを閉め、漏洩がないのに圧力が下がるのは管内にエアーが残っているので、圧力を0.5〜1kg/cm2位に下げてもう一度エアーを抜く。

(9) 規定の圧力になったら出口側のバルブを閉めてから圧力計?Fの変動がないかを確める水圧用ヘッダー元弁?Aとドレン弁?Cは開放しておく。

(10) にじみ程度の漏洩では、圧力計の変動がないので、加圧中のパイプは必ず目で確める。バンドのゆるみ、構造との当り、アンカーピース、セットピースの落ち等がないか合わせて確認する。

(11)終了と共に陸上の高圧元弁は閉鎖する。



8.9 練習問題

1.配管作業上の一般的注意事項を10点述べよ。

2.ブロック艤装上の注意事項を10点述べよ。

3.ユニットにはどんなものがあるか述べよ。

4.ユニットの利点は何か整理して述べよ。

5.諸管工事が完了すると種々テストを行うがその種類を述べよ。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
15位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
436,585

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から