日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




8.4.5 曝露部、ホールドの配管

(1) 波浪、積荷等により破損されにくい場所を導設する。(図8.4.35)


222-1.gif


(2) やむを得ないときはカバーをつける。

(3) できるかぎり船体構造に沿って導設すること。外観に注意する。

(4) 狭い場所(空所、タンク内)は通行するスペースを考慮する。

(5) 船殼の工事孔部をさけて配管する一工事孔閉鎖まで配管ができなくなる。

(6) タンクの空気抜管はタンクの水圧試験時に完了させ、同時に行う。

(7) 錨鎖洗浄ノズルは錨鎖に水流が良く当ることを確認してから本付けする。

(8) ホールド内はフランジ接手の使用はしないこと。

(9) ホールド内に蒸排気管の導設をしない。

(10) 蒸排気管にはドレン弁、伸縮接手を設ける。



8.4.6 居住区内の配管

(1)排水管、汚水管

(a)本管は自然流出であるため配管の傾斜をとること。原則的には3。以上とし、船尾から船首への導設にはトリムを考慮し、更に傾斜を大きくする必要がある。

(b)枝管は本管の上部又は側面に取付けでできるかぎりY型とする。

(c)寝台の上、調理機器の上部の配管をさけること。

(d)内張内配管が多いので、つまりやすい管については掃除用の取外し可能な管を設けておく(フランジ接手管)か、盲フランジを取付け掃除口とする。

(2)清海水管

(a)小径管が主なので、製作図化(1品図)が困難であるから、現場型取管が多い。(特に艤装上の取合部)その際に曲げる場合は焼き曲げをできるだけさけ、ベンダー等による曲げ加工とする。

(b)バンドの取付け間隙は小径管のため、振動のでない程度の間隙とする。

(c)配膳シンク下の配管は取外し可能であり、また熟練のいる工事なので材質をフレキシブル型のものを考慮した方が工事がやりやすい。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
434,518

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から