日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 艤装

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5




(2)メッキ後の処置

亜鉛メッキを行った鋼管にはメッキの亜鉛灰、亜鉛のタレなどがついていて、表面の悪い所があるので、フランジ面はグラインダー又はやすりによって仕上げる。また小径管及び曲り管などに亜鉛によりっまっていることがあるので、エアを吹かせたり小鋼球を通したりして確認する必要がある。


(3)亜鉛メッキ管取扱上の注意

亜鉛メッキを施した管をガスで切断したり、溶接を行うと、亜鉛が燃焼して有毒なガスが発生するので、防毒マスクを使用し通風の良いところで行わなければならない。そのガスを多量に吸込むとひどい中毒を起こすので注意が必要である。



4.8 練習問題


1.管の加工工程を分類せよ。

2.バイブベンダーの曲げ半径は?

3.厚さ変化率について述べよ。

3.圧力10kg/cm2以下のバイブフランジ溶接の脚長とバイブ厚さの関係は?

4.突き合わせ溶接の開先角度は?

5.酸洗い工程で中和剤を使用する理由について述べよ。





前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
16位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
434,280

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書
3.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
5.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
6.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から