日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

通信教育造船科講座 船殻設計学習指導書 学習指導書

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


 

補講(鋼材の性質と検査)
船舶は、ほかの陸上製品に比べて大型で、多数の人命と貴重な積荷を運搬している。そして、航海中での波浪による荷重の変動、動揺・振動など複雑な外力を受けているので、鋼材の性質いかんによっては重大な事故の原因にもなる。したがって、船殻部材および艤装品類は十分に信頼のおける材質のものでなければならない。このため、鋼材は国および船級協会の規則にしにしがって、試験・検査され、合格しなければ使用できないことになっている。この検査は、鋼材メーカーにおいて試験官立会いのもとに行われ、造船所に納入される。
この検査に合格した鋼材を船級材と称して、製鉄所のマークとともに各船級協会の記号・紋別記号の認印がおされる。また、船級材にはその鋼材の成分、機械的試験の結果を示し、その品質を保証するミル・シートが必ず付いている。
国の規格として、日本工業規格(JIS)には一般構造用鋼材、溶接構造用鋼材とがあり、その引張強さ別に成分、機械的性質を定めている。(指導書P.8の第1.4表、P.9の第1.5表を参照のこと。)
各船級協会においては、おのおのの鋼のグレード別にその満足すべき条件を定めている。このグレードはNK、AB、LRほか4船級協会で作成した世界統一規格であり、軟鋼については、
グレードA 普通鋼
グレードB A級とC、D級との間の鋼
グレードD ハイクレート鋼
グレードE とくに、切欠ぜい性に耐えうる鋼
の考え方で規格が定められている。しかし、各船級協会によって、この世界統一規格の受け入れ方が異なっているので、必ずしも各船級協会規則の要求程度が一本化されているわけではない。(NK規格材とJIS規格材との対応については、指導書P.8第1.3表、第1.4表を参照のこと。)
D級鋼は、クラックに対して強い耐久性をもち、E級鋼はクラックが伝播しにくい強い性質をもっている。クラックの発生、伝播を最小限に食い止める目的に使用されるものをクラックアレスターという。船級協会規則においては、船の大きさによってクラック・アレスターとして必要なリベット継手の場所を定めているが(このようなリベット・シームについては指導書P.90〜P.91を参照のこと)、この際、E級鋼を使用すれば、その場所のリベット継手は設けなくてもよいことになっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
98位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
135,987

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座 船舶関係法規 学習指導書
2.通信教育造船科講座 工場管理 学習指導書
3.通信教育造船科講座 船体工作法 学習指導書
4.通信教育造船科講座 船舶計算 学習指導書
5.通信教育造船科講座 基本設計 学習指導書
6.通信教育造船科講座 艤装
7.通信教育造船科講座 船舶関係法規
8.通信教育造船科講座 船体工作法
9.通信教育造船科講座 工場管理
10.通信教育造船科講座 基本設計
11.通信教育造船科講座 船殻設計
12.通信教育造船科講座 船舶計算
13.造船現図指導書
14.アルミニウム合金船建造技術指導書
15.「小型造船技術講習」の報告書
16.平成8年度OECD等国際協議への対応に関する調査報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から