日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

グライダーパイロットノート

 事業名 滑空機安全教育研修
 団体名 日本グライダークラブ 注目度注目度5


 

できるような、頭の切換が大事である。脇役になっても、主役になったときと同じ気持でやれる人てなければならない。それを繰り返すことにより、そのグループの中の人々の人格と技何が両立して、そのグループ全体が、真の滑空人として成長し発展していくことが理想である。
これは、滑空機が、人間1人の手で飛び立つことができないという、宿命的な条件があり、これがこのスポーツの特長であり、グライダーを中心にした団体スポーツなのである。
わが国の滑空の歴史を省みると、野外飛行らしい飛行記録がなかったことは、この国の地形的な条件ばかりでなく、滑空人の精神的な成長が不足していたことも、一つの原因であるといっても過言ではない。

179-1.gif

重要なクルー
クラブの初心者の1人が野外飛行に出発するには、クラブの教官はもちろんのこと、クルーが大事な役割を演じなければならない。
滑空記録の向上はこのパイロット+クルーである。西ドイツチームの強いのは、長い歴史によってつみ上げられた貴重な経験を持つ者が、そのクルーを構成している。ポーランドの世界選手権で、西ドイツチームのパイロットフーツ(気象学者でフランクフルト飛行場長)のスタートの翼端係は、西ドイツ航空、協会会長であったことが思い出される。共産圏の国々の強いのは、国家の力で、その分野の専門家の代表が参加していることである。
米国人チームの強いのは、家庭と滑空とが一体になっていて、パイロットのそばには夫人がいるというのが特長である。夫人たちはトレーラーを運転して、主人のあとを追いかけるなど、家庭とグライダーとの一体となったチームワークは、その人たちの日常生活を構成しているので、われわれにとってはうらやましい存在である。
これは、アメリカだけでなく、オーストラリアを始め、欧州諸国はすべてこのような形がとられている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
198位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
64,391

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.「滑空機安全教育研修」の報告書
2.全国支隊長訓練テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から