日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

グライダーパイロットノート

 事業名 滑空機安全教育研修
 団体名 日本グライダークラブ 注目度注目度5


 

098-1.gif

098-2.gif

度をよく見ることができるが、自分自身が乗っていると、ちょっと勝手が違う。最初のうちは、体感がマイナスにはたらくが、なれてくるとプラスになる。視覚については、他の乗物に乗っていても、心がけしだいで練習ができる。地上では、走っている乗物(電車。バス・自動車等)でも、この練習法を利用できる。たとえば、電車は80〜90km/hで走り、高さもだいたい同じようなものだし、線路際も草地が多くあるので、目測練習にはつごうがよい。
(2)アプローチ速度で接地すると、接地速度が速すぎる。地面(滑走路)に対し、約2m程度の高度を保って水平飛行を行ない、徐々に失速速度に近づけ、最小の飛行速度で接地すると、着陸装置に大きい荷重をかけずに接地できる。水平飛行はそのためなので、飛行姿勢はしだいに上向きになる。したがって、姿勢を保持するのではなく、高さを保持することが目的であるが、それも完全な水平飛行ではなく、急な沈みのない程度の静かな沈みを保持することが目的である。この沈みは目で見るだけでなく、上下方向の荷重を座圧感で感じながら操作するとよい。
たとえば、上向きの荷重(座圧感)が大きくなったと感じたら。それは機体

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
198位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
64,391

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.「滑空機安全教育研修」の報告書
2.全国支隊長訓練テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から