日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

グライダーパイロットノート

 事業名 滑空機安全教育研修
 団体名 日本グライダークラブ 注目度注目度5


 

今までの場周飛行のやり方は、何かたいせつな要素が抜けていたようである。慣れた滑空場ならば、なんとなく安全にやれるが、別の滑空場に着陸するような場合には、大いに勝手がちがってくる。不時着のときなどなおさらのこと、あとで考えてみると馬鹿なことをやったように思われる失敗をすることもある。性能の違う機体に乗ったときも、同様である。
教育の課程から評価してみると、指導者間の指導内容が大幅に違っているので、そのための無駄な時間と回数の増加を来すようである。それらの原因を考えてみると、何かまだ理論的な裏付けが不足しているように思われる。それには、次のような原因がある。

 

058-1.gif

 

2−25図は、あるテキストの図解である。この方法は、飛行機の場周飛行をそのままグライダーの場周飛行にとり入れたものである。飛行機のパイロットであった昔の教官たちが、飛行機の教程をそのまま使ったためである。この方法だと、風があってもなくても、風向がどうであろうとも、そのことについては充分な説明がない。経験をつむ以外には、それを身につける方法がなかったので、各旋回点は地上の適当な目標を基準にする方法が採用された。
2−26図では、その各コースを細かく細分し、コース上の着目点を記してあるが、はたしてこれで完全な場周飛行ができるであろうか、疑問である。これも、完全に飛行機の教程の焼き直しである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
198位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
64,391

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.「滑空機安全教育研修」の報告書
2.全国支隊長訓練テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から