日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

グライダーパイロットノート

 事業名 滑空機安全教育研修
 団体名 日本グライダークラブ 注目度注目度5


 

飛行中の会話は、とぎれとぎれになるので、つい内容も充分にっかめないで同じようなミスを重ねやすいが、練習前に打ち合わせておけば、練習中にその指導者が常時使っていることばもわかり、とぎれとぎれの言葉もその内容をつかむことができる。
座席の坐り心地なども、背当てや座布団を用意するように心掛ける。

 

練習日と練習日の間には
練習日は、毎日練習することが理想的であるが、一般的に1か月に1〜2日程度である。練習日間隔がそれ以上あいてしまった人の場合にしても、1−6図のようになる。
しかし、当人の努力次第では、練習日の間隔が開いても差を少なくすることができる。
グライダーに乗っているときだけが、練習ではない。練習をしたあと、そのときの記憶がまだはっきりしている間に、繰り返し繰り返しそれを思い出す。場合によっては、手足まで動かしながら、練習を繰り返す。飛行時間が実際には10〜20分間程度でも、思出練習は2〜3時間以上繰り返し練習したことになる。このような練習は、寝る前とか、起床前とか、何も考えないでいるような時に、繰り返し練習をすることが効果的である。これをイメーシトレーニングという。

007-1.gif

 

進度が一度止まったように見えたとき
これは、いわゆるスランプといわれるもので、進度過程でしばしばあらわれる。人によって、その時期も長さも回数もまちまちである。
1−7図に見られる平らな階段上の時期は、考えて操作している段階から、反射運動に移っていく時期である。1−7図の上昇してい

007-2.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
198位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
64,391

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.「滑空機安全教育研修」の報告書
2.全国支隊長訓練テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から