日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

グライダーパイロットノート

 事業名 滑空機安全教育研修
 団体名 日本グライダークラブ 注目度注目度5


 

以上の三つの要素は、どれも欠くことのできない重要なものであるが、技能証明を獲得するには、上記の第一と第二だけで、しかもほんの一部を得ることで合格する。しかし、グライダーパイロットとして扱われ、滑空界の人となろうとするには、この第二を充実しなければならない。

002-1.gif

グライダーの場合には、飛行機のエンジンに相当する大気中のエネルギーをじょうずに利用することが、たいせつである。したがって、大気の動き、すなわち気象をよりよく知っていなければならない。当然、知識と経験が必要である。しかも、そのエネルギーは、大自然が作り出してくれるのである。そのような状態になったときに、それを自分で発見しなければならない。そのため、グライダーパイロットは、常に受けて立つ強い不動の精神力が必要となる。
次に、第三の要素は、プロにとっても、アマにとってももっとも必要な要素で、その獲得に努力しなければならない。最初のうちは、おもしろ半分でやっている人がほとんどのようであるが、そのうち、ライセンスやバッジのとりこになり、しだいに引きずりこまれてしまい、いつのまにか真剣になっていくのが現実である。なにしろ、空中に飛翔している自己を意識したときに、人類の本能的なあこがれがよみがえって、自信をとりもどしていく。なかには、単独飛行は早かったし、技能証明も早くとれたものの、いつのまにか、グライダー界から消えていった例も多い。これも、第三の何かが欠けていた結果であろう。

002-2.gif

最初の単独が適切な時期に行われたときには、前途に希望がある。

002-3.gif

早すぎる単独には危険が待ちかまえている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
198位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
64,391

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.「滑空機安全教育研修」の報告書
2.全国支隊長訓練テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から