日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

海難防止の国際的動向に関する調査研究

 事業名 海事の国際的動向に関する調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


 

第3章 参考資料

 

第1節 第1回委員会議事概要

 

1 開催日日時及び場所

日時:平成8年5月22日(水)14:00〜15:30
場所:日本海難防止協会会議室

 

2 議題

(1) 第1回COMSARの審議概要について
(2) 第66回MSCへの対処方針について
(3) その他

 

3 出席者

(1) 委員
新谷文雄、佐藤修臣、柳川三郎、藤咲五郎、松本宏之、吉田信彦(代理:吉野高広)、増田恵(代理:保坂均)、高橋幹治(代理:石川弘)、沢村睦穂(代理:中野和文)
(2) 関係官庁
長江孝美(代理:三浦和雄)、加藤純次(代理:中原良弘)、岡嶋宣昭(代理:一條正浩)、八木康夫、我如古康弘(代理:三村穂)、堀内哲夫(代理:中尾信幸、同席:加藤敏春)、篠原孝(代理:猪俣正二)
(3) 事務局
井上悳、高崎武人、泉昌宏

 

4 資料

事業計画(案)
IR(96)-1-1 第1回無線通信及び捜索救助小委員会の審議概要について
IR(96)-1-2 IMO第66回海上安全委員会(MSC)対処方針について(警救部航行安全課課関係分)
IR(96)-1-3 IMO第66回海上安全委員会(MSC)対処方針について(警救部救難課関係分)
IR(96)-1-4 IMO第66回海上安全委員会(MSC)対処方針について(灯台部関係分)IR(96)-1-5 IMO第66回海上安全委員会(MSC)対処方針について(水路部関係分)

 

5 議事(◎:委員長、○:委員、△:関係官庁、□:事務局)

(1)平成8年度第1回委員会の開催にあたり、日本海難防止協会から井上常務理事が挨拶を行った。
(2)事務局から、出席者の紹介を行った。
(3)新谷委員が委員長に選任され、以後委員長により議事が進められた。
(4)平成8年度事業計画について

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,788位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
4,745

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.「海事の国際的動向に関する調査研究」の報告書
2.アジア海域における海洋汚染防止国際協力に関する調査研究事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から