日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

災害応急対策支援システムの開発に関する調査研究

 事業名 消防科学に関する調査研究
 団体名 消防科学総合センター 注目度注目度5


 

1.2 システムの構成及び開発作業の流れ(各サブシステムの相互関係)

 

本システムを構成する3つのサブシステムは、それぞれ独自の目的に応じた役割を発揮する。例えば、地域防災計画(災害応急対策計画)の実際の策定プロセスに対応付けて見たとき、「他の計画事例の参照」⇒「当該市町村の計画の素案作成」⇒「策定素案の実効性検証」と一連の流れの中で、各システムを利用することとなる。もっとも、計画の策定や改訂の道筋は市町村ごとに異なるので、どのステップからシステムに入ってもよいような仕組みとする。

 

1.2.1 地域防災計画検索システム

(1) システムの開発方針の検討
市町村における地域防災計画の策定プロセス等をふまえ、その実態を把握し、検索システムによる計画策定業務への支援のあり方とシステムの開発方針を検討する。
(2) システムの基本機能及び基本構成の検討
(1)の基本方針をふまえ、システムが必要とする基本機能及び基本構成のあり方を検討する。
(3) システムの利用・運用方法の検討
優良計画事例を策定している市町村において、計画策定の方法やニーズに関する実態を把握し、防災計画策定業務への支援のあり方を検討し、検索システムの利用・運用のあり方を検討する。
(4) システムへのデータ入力
当センターが収集している各市町村の最新の地域防災計画をもとに優良計画事例を整理するとともに、これらをパソコンのデータベースに組み込む。
(5) システムの運用マニュアルの作成
本システムの利用マニュアルを作成し、システムの操作要領を操作の手順を追っでわかりやすく解説する。

 

1.2.2 地域防災計画策定支援システム

(1) システムの開発方針の検討
市町村における地域防災計画の策定プロセスに応じた計画策定業務を支援するためのシステム開発の基本方針を検討する。
(2) システムの基本機能及び基本構成の検討
(1)の基本方針をふまえ、システムが必要とする基本機能及び基本構成のあり方を検討する。
(3) システムの利用・運用方法の検討
優良計画事例を検索したり、標準的な計画事例の創出を定型化することによって、より効率的な計画策定業務の支援のあり方を検討し、システムの利用・運用のあり方を検討する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,811位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
4,532

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.地域防災計画のための地図情報データベースの開発に関する調査研究
2.「消防科学に関する調査研究」の報告書
3.平成8年度 防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から